昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キンプリ初の熱愛! 合い鍵通い愛の“シンデレラガール”は元AKB48

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

「週刊文春」創刊60周年記念「GW10連休大放出!」
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2018年8月25日)

◆ ◆ ◆

〈キミはシンデレラガール My precious one〉

 ジャニーズ期待の新星「King & Prince」のデビューシングル「シンデレラガール」の一節だ。2018年5月23日にリリースされたこのシングルは初週で57.7万枚を売り上げ、ジャニーズタレントとしてはKAT-TUNの「Real Face」以来、12年2カ月ぶりにデビューシングル初週売り上げ50万枚越えを果たした。


 
 8月19日に大阪城ホールで行われたコンサートの後、東京に戻ったキンプリ。100人以上の追っかけファンを引き連れ、移動するメンバーの中に、髙橋海人(19)の姿があった。髙橋はファンをかき分け、事務所の送迎車に乗り込むと、その場を後にした。

 髙橋以外のキンプリメンバーを家まで送り届けた後、車が向かった先は、元AKB48の大和田南那(18)の自宅マンションだった。髙橋はマンションから少し離れた裏路地で車を降り、裏口へ向かう。周囲を見回し警戒しながら、合鍵を使って大和田の待つマンション内へと消えていったのだった。

直撃取材を受ける髙橋海人 ©文藝春秋

「大和田が元々“ジャニーズ好き”なのは有名です。楽屋でもよく話をしていましたね」(AKB48関係者)

 大和田は、2014年に放送された「セーラーゾンビ」(テレビ東京系)でドラマ初出演。川栄李奈(23)、高橋朱里(20)とともにトリプルヒロインに抜擢された。2015年にはAKB48内の派生ユニット「でんでんむChu!」でセンターを務めるなど、同期の向井地美音(20)とともに“次世代エース”と期待されていた。

 しかし、2016年10月7日に放送された「文春砲ライブ」で、同じく元AKB48の西野未姫(19)とともに、少年隊の植草克秀の息子で元ジャニーズJr.の樋口裕太(23)らとの深夜のダブルデートが報じられ、2017年3月にAKB48を卒業した。

「大和田の卒業は、文春の報道だけが原因ではないんです。彼女の夜遊びや素行不良は有名な話でした。男女のタレント仲間で集まったり、知り合いになりたいジャニーズタレントの連絡先を友人を介して手に入れてみたり。そうした話はちゃんと運営の耳にも入っていたので、完全に目をつけられていたんです。そうした中で、文春砲ライブでのダブルデート報道がきっかけとなり、卒業という形になってしまいました」(同前)