昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新天皇が大ファンだった柏原芳恵53歳 “あの出会い”から33年後のいま

「心をひとつに、芳恵ちゃんコールお願いします! セーノ!!」

「ヨッシエちゃーん!」

 4月14日。新天皇が大ファンであることを公言していた柏原芳恵(53)の姿が、大阪の競艇場「ボートレース住之江」にあった。

◆ ◆ ◆

2016年、日本選手権競輪での柏原芳恵

 第5レース発売中と第8レース発売中の2回にわたって開かれた、「青春プレイバックナイト 柏原芳恵オンステージ」。

「800人ほど座れる中央ホールには、300人くらいの“親衛隊”も全国から駆けつけ、立ち見もでるほどの大盛況でした」(居合わせた観客)

 1回のステージは3曲ずつ、15分ほど。初回は『恋人たちのキャフェテラス』でスタートした。

「芳恵ちゃんは大阪出身ですから、『ただいまー。かっしわばらよしえです!』と言ってくれて、吉本新喜劇のギャグまで挟み込んだ」(同前)

 2回目のステージのラストを飾ったのは、やはりあの名曲、中島みゆき作詞・作曲の『春なのに』。親衛隊と大合唱となった。

殿下が柏原芳恵ファンを公言した記者会見

17歳のときに放ったヒット曲「春なのに」

 1983年、23歳の浩宮親王(当時)は、オックスフォード大学留学直前の記者会見で「好きな歌手は柏原芳恵さん。『春なのに』がいいですね」と発言。デビュー4年目、同期の松田聖子らの陰に隠れがちだった柏原が、“殿下のお気に入り”としてクローズアップされた。

「留学中、殿下は寮の自室の洗面台に柏原のシールを貼っていたそうです。帰国後の86年10月19日には、彼女のコンサートに出向かれました」(芸能デスク)