昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「老後は女友だちとシェアハウスしたい」夢を実現した3組の女性たちに取材してみた

「女の友情は○○より薄い」なんて、誰が言ったの?

2019/05/08

近頃、男性週刊誌でよく見かける「死後の手続き」特集。自分の死後のため、親の死後のため、男たちはせっせと手続きをしているらしい。一方、女たちは……。

◆ ◆ ◆

©iStock.com

 そのマンションは大阪梅田と神戸三宮を結ぶ阪急電車沿線の住宅街にあった。明るくシンプルなデザインの7階建て、竣工は2008年だ。この最上階に「個個セブン」のアジトがある。

「個個セブン」とは市川禮子さん(80)、一ノ坪良江さん(73)、川名紀美さん(71)、清田のり子さん(82)、田矢きくさん(83)、村田幸子さん(78)、安田和子さん(78)の7人のグループだ。それぞれ社会福祉法人理事長、コピーライター、朝日新聞記者、雑誌編集発行人、企業の広報室長、NHK解説委員、心理カウンセラーとして社会の第一線で活躍してきた。結婚歴はある人もない人も。子どもはいる人もいない人も。出会ったときは全員シングルだった。7人は友だちだが、もたれ合うことはしない。だから「個個」なのだ。

週刊文春WOMAN Vol.2』より

 アジトの部屋は「個個セブン」の活動を支持する篤志家が自由に使わせてくれている。南向きの明るいリビングにはグランドピアノ、花模様が彫られたテーブル、壁には絵画。実はどれも不用になったという人からの寄贈品だ。花模様のテーブルで、田矢さんと川名さんにお話を聞いた。