昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「別に……」から12年 女優・沢尻エリカはなぜオファーが絶えないのか

 平成芸能史に残る「別に」発言も今は昔。沢尻エリカ(33)が女優として新たな境地を開いている。

 躓(つまず)きは、沢尻21歳のときだった。主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で、司会者の質問に対し「別に……」などとふてくされた態度に終始。

「これが大バッシングを浴び、アイドル女優としてのイメージは地に墜ちた。私生活では22歳の時に22歳年上のクリエイター・高城剛氏と結婚したものの、4年で離婚。公私にわたる奔放な言動に、09年には大手芸能プロとの契約も解消。個人事務所を設立した」(芸能デスク)

沢尻エリカ ©文藝春秋

 窮地の沢尻が挑んだのは、“裸一貫”の演技だった。12年、映画『ヘルタースケルター』でヌードを披露、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞に選ばれた。