昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

冨士眞奈美が“認知症の祖母”役を熱演 「ばあばは、だいじょうぶ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

小学生の翼(寺田心)は、一緒に暮らす祖母のスズエ(冨士眞奈美)が大好きで、嬉しいことや辛いことがあるたびに、スズエに話を聞いてもらっていた。親戚一同が集まり喜寿を祝った頃から、スズエは同じ質問を何度も繰り返し、得意だった編み物ができなくなるなど、様子がおかしくなり始めた。翼は、急に怒り出すことが増えたスズエのことが怖くなり、距離を置くようになる。ある日、スズエが裸足のまま外出し、いなくなる事件が発生し、翼はスズエが「忘れてしまう病気」だと知らされる。

〈解説〉

認知症を発症した祖母を孫の視点で描き、ベストセラーとなった同名絵本を『キセキの葉書』のジャッキー・ウー監督で映画化。2018年のミラノ国際映画祭で最優秀主演男優賞と最優秀監督賞をW受賞した。98分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆冨士眞奈美の自意識をかなぐり捨てた迫真の演技、圧倒的。日常の中のホラー。周辺人物の描写が教科書的でやや不満。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆昭和30年代の匂いが少し漂う。弱者が集まって生まれる不思議な親和性。祖母と孫の結びつきはやはり特殊なものだ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆老いの現実を赤裸々に演じる冨士眞奈美に圧倒され、右往左往する大人たちが気づいていない孫の動揺する心に救われた。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆級数の大きいひらがなのタッチ。鷹揚と粗さの判断がつき難いが、シンプルだからこそ直接胸を打つ迫力があるのは確か。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆壊れゆく演技の凄味はさすが。ドラマ『やすらぎの郷』でも業の深い演技を見せた冨士眞奈美。彼女が根幹ゆえの説得力。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018「ばあばは、だいじょうぶ」製作委員会

INFORMATION

「ばあばは、だいじょうぶ」(「ばあばは、だいじょうぶ」製作委員会)
5月10日(金)より全国イオンシネマにて公開
監督:ジャッキー・ウー
原作:楠章子
脚本:仁瀬由深 
出演:冨士眞奈美、寺田心、平泉成 ほか
https://grandmaisokay.com/

出典元

小室圭さん母の「告白」

2019年5月16日号

2019年5月9日 発売

定価420円(税込)