昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メンバーは「彼女の下でまたKalafinaとして活動したい」再結成のキーマンは“アニメ界の秋元康”

 3月13日に発表された人気ボーカルユニット「Kalafina」の解散について、原因はプロデューサー人事をめぐる“大人の対立”だったが、メンバーたちは再結成を望んでいることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

2018年には3度目の武道館単独公演も

 Kalafinaはスペースクラフト所属のKeiko(33)、Wakana(34)、Hikaru(31)の3人組。劇場版アニメ「空の境界」の主題歌プロジェクトとしてスタートしたグループ。さらに「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/stay night」など数々の人気アニメの主題歌も担当。海外での人気も高く、2016年5月9、10日には中国の音楽祭で最も歴史が古い「上海之春国際音楽祭」に異例の出演を果たし、2018年1月23日にはデビュー10周年を迎え、自身3度目の武道館単独公演を果たした。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」の主題歌に起用された「ひかりふる」
「Fate/stay night」のエンディングテーマ曲となった「ring your bell」

 Kalafinaを率いたのが、スペースクラフトの女性プロデューサー、梶浦由記(53)。梶浦はKalafinaだけでなく、人気アニメ「鬼滅の刃」などの音楽も担当し、“アニメ界の秋元康”とも称されるヒットメーカー。アニメ以外にもNHKの連続テレビ小説「花子とアン」の音楽など、手掛けたCDの総売り上げ枚数は200万枚を超える実力者だ。

事務所の稼ぎ頭だったが……

 梶浦は2018年2月に所属していたスペースクラフトを退社。後を追うように同年4月にメンバーのKeiko、10月にHikaruが同事務所を退所していた。

「解散発表前にKeikoとHikaruの2人は事務所を抜けていました。現在、事務所に残っているのはWakanaだけですが、ソロでも芸能活動を続けたいという理由。特に事務所への恩義があるわけではないみたいです。もともとメンバー同士の仲は良好とは言えず、Keikoは人気にあぐらをかいて、天狗になっていた。その様子を見ていたHikaruとWakanaは彼女を煙たがっていました。しかし、そんな状態でも梶浦さんと、同社幹部のM氏がまとめていた。だからこそ、団結できていたんです」(レコード会社関係者)

Kalafinaをプロデュースしていた梶浦由記 ©共同通信社

 Kalafinaは同社の稼ぎ頭だった。スペースクラフトは経営的に困難な状況になっているという。

「経営的なダメージは大きいようです。所属タレントの給料遅配や、額が不足しているということもあったようです。当然タレントからの不平不満も出ている。同社所属の人気声優でタレントの上坂すみれさん(27)も困り顔だった。Kalafinaのファンクラブも解散以前にメンバーが退所していたにもかかわらず、会費を稼ぐため発表まで続けさせた。その行為にファンからの抗議も殺到したそうです」(同前)

人気声優の上坂すみれもスペースクラフトに所属している ©文藝春秋