昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「幻冬舎って“会社“じゃなくて“組”なんで」 幻冬舎・箕輪氏「見城社長NewsPicks激怒事件」を語る【前編】

「週刊文春」創刊60周年記念大放出!
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2019年3月2日)

 幻冬舎の見城徹社長(68)が、5月16日にツイッターで作家・津原泰水氏(54)の書籍実売数を明かしたことに対し、非難の声が殺到。翌日、ツイートは削除されたが波紋が広がっている。

 今年2月にも見城社長のツイッターでの発言が話題となった。事業パートナーであるNewsPicksに対し自らのツイッターで不満をぶちまけ様々な意見が噴出。「週刊文春デジタル」は幻冬舎のキーマン・箕輪厚介氏(33)を直撃取材。NewsPicks幹部が幻冬舎を訪れ見城氏に詫びを入れた模様や、関係がこじれた経緯、見城社長の人柄や幻冬舎という会社の体質など、赤裸々に語られたインタビューを全文公開する(前後編の前編)。

◆ ◆ ◆

「心配かけていることをまず申し訳ないなと」

――まずなにがあったのか、見城さんがツイッターですごく怒っていると思うんですけど。

「まず騒ぎになっていること自体、『NewsPicksBook』で騒ぎになっていること自体申し訳ないなというのがすごいあって。一応『NewsPicksBook』の編集長なんで。だけど騒ぎの時に、なにもちゃんとした核心めいたことをツイートすることもなくやってたので、せっかくの機会ならと思って来させて頂いて」

――ありがとうございます。

「なんで読者の皆さんと書店の皆さんと、あと関わっている人たちが相当いるんですけどその人たちもわかっていない状況でここまできて。心配を掛けている、こんな反響になるとも思ってなかったんですけど、心配かけていることをまず申し訳ないなと思ってます。なにがあったかというと『NewsPicksBook』って、そもそもどういうものかって話していいですか?」

取材に答えた幻冬舎・箕輪厚介氏 ©文藝春秋

――はい、もちろん。

「多分わかんない人も。ツイッターを見ていると、そもそもどういう立ち位置かってわからない人結構いるなって思ったので。まず『NewsPicksBook』っていうのは幻冬舎とNewsPicksが組んで立ち上げたビジネス書レーベルで、僕が編集長をやっているんですけど、単なるビジネス書レーベルではなくて『NewsPicksアカデミア』という5千円の会費の月額サービスの、学びのプラットフォームがあって、そこは動画とかイベントとかいろんなジャンルのコンテンツがあって、その中の毎月1冊が(会員に)自動的に届くという本を、幻冬舎として作っていたと。次の4月で2年になるのかな」

――メガヒットを毎回。

「そうです。一般にも販売していて1年間で累計100万部突破したり、堀江(貴文)さんとか前田裕二とか話題の人が書いてくれるので、売り上げもそうですけど、売り上げ以上に話題になっていた本です。その本を2年間かけて、幻冬舎としては、相当に力を入れて売ってきた、ブランディングしてきたという自負があると。僕が目立っていますけど、当たり前ですけど、後ろに営業とか制作とか膨大な数の人がいて。普通の本とは違って、僕がトリッキーなことするし、毎月1冊出さなきゃいけないという制約もあるし、かなり無理をしてもらってどうにか安定的に供給できていた。なおかつ、幻冬舎としても『NewsPicksアカデミア』の、配分は言えないですけど、でも、配分とか関係なしに『NewsPicksアカデミア』とか『NewsPicksBook』というブランドを作るために、命懸けで利害損得抜きにして、新聞広告をうったりだとかなんだとか、とにかくNewsPicksとタッグを組むんだというつもりで物凄いやってきたという自負がある。2年間という結果も出て、これからだと、さらに強くしていくぞと思っていたところに、言い方が難しいんですけど、端的に言うと『NewsPicksBook』として新しい編集長を据えて、新しい体制でやりたいという話があって。それがNewsPicksがまだこれからの話なので確定じゃないですけど、どこか他の幻冬舎以外のダイヤモンド社と組むとかでは全くなく、自分たちで流通とか取次とか開拓して、ある種、規模は小さいかもしれないですけど出版社みたいなものとしてやっていきたいと」