昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ベストはしれっと行くことだったんです」 幻冬舎・箕輪氏「見城社長NewsPicks激怒事件」を語る【後編】

「週刊文春」創刊60周年記念大放出!
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2019年3月2日)

 今年2月、幻冬舎の見城徹社長(68)のツイッターを発端に、ネット上で大きな話題を呼んだ「NewsPicks激怒事件」。真相を語った幻冬舎のキーマン・箕輪厚介氏(33)のインタビュー全文後編を公開する。(前編はこちら

◆ ◆ ◆

インタビューに応える幻冬舎・箕輪厚介氏 ©文藝春秋

――ビジネスマンとして見たら、(幻冬舎とNewsPicks)どちらが正しいですか?

「難しい、超難しい(笑)。ビジネスマンとして見たら……」

――最近箕輪さんは、一流のビジネスマンと編集者として接していて、先駆的な、経済合理性に触れている。かたや、仁義とかスジとかっていう……。

「これは面白い(笑)。本1冊になりますね。ただ、やっぱり、少なくともこの国では、国関係ないのかな、やっぱりこういう仁義とか義理人情、恩返しとかスジとかっていうのを飛ばすと、そのスピードをどんなスピードで駆け上がっても、取り返しのつかないストップがかかることはあるし、僕は逆に起業家の人を何人も見てきて、みんなそこで躓いているんで。それは大事だと思うし。

 僕がある種、こんな調子乗っていろいろやっても、いつかわからないですけど、ドカンって誰かに潰されることがないのは、やっぱり見城さんに教わった、本当に『人間対人間』の部分を大事にするというか、まず第一に考える。全部できているとは思わないですけど、そこを外すと大きなしっぺ返しがくることがあるっていうのは間違えないですよね。

 やっぱり本当に、特にこのご時世、人間なんで、社内の人とか、内部の人とか、あと取引先の人、その人が名刺を交換したことを忘れてしまうような人であっても、ある種、大事にしないとやっぱりどこかで応援してくれなくなるし。逆風が吹いたときに、一気にガッて何も言わずに、勝っているから従っていた人たちはその人が弱くなった瞬間に応援じゃなく反発になって、多くの起業家とかはそこで絶対躓くときがあるんですけど、躓いたときにみんなに応援されるか、躓いたときにみんなに叩かれるかで、けっこう分かれていて。(SHOWROOM代表の)前田裕二とかは、ちょっと悪魔だなって思うくらい上手ですよ、そのへん。1人1人の目を見て、『ウソだろ』っていうくらい丁寧に、心を奪っていく。そういう人が強いなって思いますけどね」

NewsPics佐々木氏の様子は?

――佐々木さんはどうでしたか。佐々木さんは見城さんの目を見て……。

「最後はそうでしたね。『もう本当に心に染みます』って言っていたんで。佐々木さんは本当にドライな人に思われがちなんですけど、2人で飲んだりすると、本当に人間らしいし、心がある人で、なんなら僕の健康状態とか一番気を遣って、たまにランチ行きましょうとか言ってくれる人なんですけど。

 何よりもビジネスマンとして見上げているところが高すぎて、ここをこんなスピードじゃダメだっていうので駆け上がるんで、足腰が弱い人はなかなかついていけなかったり、その経済合理性が正しくても、それってあまりにも順序が違くない?って思う人がいたりっていうのは、確かにある人だと思うんですけど。僕は本当にあの人はすごいし、このまま駆け上がって欲しいなと思いますね」

――見城さんにそれは伝わっていましたか?

「伝わっていたと思います。要は、私利私欲とかでやっている人じゃないんですよ。本当にビジョンがすごい。福澤諭吉とか普通に読んでいるような人ですから、『日本は全然ダメだ!』みたいなことをピュアに言う人なんで、本当に高いものを目指して、ある種、責任感でダーッとやってきたというのが伝わっているし、見城さんも『NewsPicksの人たちはみんないい人だね』って言っていたので、そこは本当にいい人なんですよね」