昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

あの「令和」のコピーが欲しい 要望相次ぎ“禁止令” 発端は安倍氏と菅氏

 口を開けば永田町中が一気にざわめく存在になった菅義偉官房長官(70)。5月17日の記者会見で、野党による内閣不信任案が衆院解散の大義になるか問われ、「当然なるのではないか」と答えた瞬間、解散風は突風に変わった。

「慎重な菅さんが踏み込んだ」「不信任案が出なければ解散しないということだ」……。自分にとって都合のいい解釈を探すかのように、永田町の住人たちは携帯電話片手に情報を求め合った。

 菅氏の存在感が一際高まったのは、4月1日の新元号発表以降。「令和おじさん」として認知度が高まり、「ポスト安倍」候補の最右翼に躍り出た。当の菅氏は首相への意欲を問われると、「私自身は以前と変わらない。政権の一員として一つ一つの課題に対応していく」と決まって冷静を装う。だが実は「令和フィーバーの世間以上に菅さんが浮足立っている」(官邸スタッフ)との声が聞こえてくる。

©AFLO

 会見で「令和」の墨書を掲げた菅氏は、その後、安倍晋三首相と一緒になって「コピーが欲しい」。政権トップ2人の要望は無論即座に叶えられたが、ことはそれだけでは終わらなかった。誰が“忖度”したのか、令和を揮毫した内閣府職員の茂住修身氏が改めて2枚揮毫し、首相と菅氏に送られたのだ。