昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

田口淳之介逮捕 メンバーが怒ったKAT-TUN脱退劇とカギを握る小嶺麗奈

source : 週刊文春 2015年12月10日号

genre : エンタメ, 芸能, 社会

 2016年の電撃脱退から3年、元KAT-TUN・田口淳之介容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。脱退・退所が突然発表されたとき、一体何が起こっていたのか。当時の記事を再掲する(記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです)。

出典:「週刊文春」2015年12月10日号

◆ ◆ ◆

 デビュー35周年の近藤真彦を筆頭にして“鉄の結束”をアピールしてきたジャニーズで燻り続けていた火種がついに燃え上がった。田口淳之介の突然の脱退・退所発表。6名いたKAT-TUNはこれで僅か3名に。“乱”の裏には年上女優とその母親の存在があった。

「あいついい加減にしろって、皆呆れてます。大バカですよ。先の事なんて何も考えてないと思いますよ」

 田口を知るある芸能プロ関係者は、ジャニーズ事務所所属の田口淳之介(30)が起こした“乱”に激怒し、そう吐き捨てた。

 来年3月にデビュー10周年の節目を迎えるジャニーズのアイドルグループ「KAT-TUN」に激震が走ったのは、11月24日放送の「ベストアーティスト2015」(日本テレビ系)でのことだった。

「僕、田口淳之介は来年の春をもちましてKAT-TUNを離れ、ジャニーズ事務所を退所することになりました。自分自身、30歳を目前にしてこれからの人生の歩み方を考えたうえで、メンバーには本当に申し訳ありませんが、自分の道を選択させて頂きました」

©時事通信社

脱退者は赤西、田中に続き3人目

 番組の総合司会を務める嵐の櫻井翔(33)が「KAT-TUNのみなさんからひとつ重大なお話があるということです」と切り出すと、出演していた田口自身の口から突然の脱退発表がなされたのだ。観覧に訪れていたファンからは悲鳴が上がり、固い表情のメンバーたちが画面に映し出された。

 KAT-TUNの脱退者は、赤西仁(31)、田中聖(30)に続き3人目。6人で結成されたグループは当初の半分となる。

 ジャニーズファンが話す。

「田口クンはメンバーの中でもファンサービスが特にいいんです。コンサートでも投げチューとかしてくれる。それが今年5月の東京ドームコンサートで『色んなことがすげぇあって……』と急に涙を流した。京セラドームのカウントダウンコンサートも今年はなくなって、『何かあったんじゃないか』って噂になっていたんです。メンバーが4人になってからのコンサートでは『俺ら前向くから付いてきて』って言って、感動して泣いてる子もいたのに……」