昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

メガバンク決算で明暗 三井住友の勝因はラグビー宿沢広朗元監督にあり

2019/05/27
故・宿沢氏の座右の銘は「勝つことのみが善」 ©共同通信社

 5月15日に発表されたメガバンク3行の19年3月期決算。三菱UFJフィナンシャルグループ(前期比11.8%減)と、システム投資に伴う減損処理に踏み切ったみずほフィナンシャルグループ(同83.2%減)が大幅減益だった一方、三井住友フィナンシャルグループ(同1.0%減)の健闘が光った。

 明暗を分けたのは、市場部門の「稼ぐ力」。業務範囲に差があるとはいえ、市場部門の業務(営業)純益は三菱UFJが減益、みずほが136億円の損失を計上したが、三井住友は増益を確保した。

 国内の低金利が継続する中、市場部門の巧拙は畢竟、米国の利上げスピードをどう見て、外債ポートフォリオをどう運営するかに左右される。昨年10月に米ハイテク株主導の世界的株安、昨年12月にも米利上げを起点に株安が連鎖した。米国債市場でも長期金利が短期金利を下回る逆イールドが生じたが、その後、米国の利上げスピードは一転、鈍化。この荒波をうまく乗り切ったのが、三井住友だった。