昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

口内フローラを改善?スーパー乳酸菌「ロイテリ」とは。

偉大なる発酵食-3- 「ロイテリヨーグルト」

PR

オハヨー乳業の「ロイテリヨーグルト」

 島国・日本で独自の発展を遂げ世界文化遺産にも登録された「和食」。中でも豊富な「発酵食品」は、味覚はもちろんのこと、その健康効果が世界中から注目されている。腸内環境を整え、免疫力を上げ病気になりにくい体を維持し、アレルギーやアンチエイジングにも作用するという万能食なのだ。
 ここにご紹介するのは、その「発酵食品」の中でも世界的に愛され、日本でも馴染みの深いヨーグルト。まずは毎日の食卓に取り入れてみてはいかがだろう。

口内の善玉・悪玉菌の環境を良好にする“菌活”

 今、一番“アツい”発酵食品と言えばヨーグルトかもしれない。言わずもがなヨーグルトはおもに牛乳に乳酸菌を加えた発酵食品。一昔前ならおやつ感覚で楽しむデザートといった印象が強かったが、近年ヨーグルトの素である乳酸菌のさまざまな健康効果がクローズアップされるにつれ、多種多様な機能の商品も続々と登場。体調維持を考える働き盛りのミドルエイジから、腸内環境を整えることで、いつまでも健康で美しくありたい女性たちまで幅広い世代にとって欠かすことのできないものとなっている。

 今回ご紹介したいのはオハヨー乳業の「ロイテリヨーグルト」。ロイテリとは聞き慣れない言葉だが、世界100以上の国と地域で製品化や研究が進められ、別名“スーパー乳酸菌”とも称されるロイテリ菌のことである。最大の特長は口内フローラの改善。口の中には善玉菌と悪玉菌が常時700種以上も存在し、そのバランスが崩れると体に悪影響を与えると言われている。ロイテリ菌はこの悪玉菌を抑えこみ、善玉菌を活性化することで口内を理想的な状態にコントロールすることができるという。

 口内環境を整える口腔ケアは、子どもから大人まで幅広い世代にとって重要な問題として関心が高まっている。体の入り口である口内でしっかりと働くロイテリ菌は、まさに時代が求める“進化系乳酸菌”と言えるだろう。

「ロイテリヨーグルト」110g 150円(税別)
「ロイテリヨーグルト」110g 150円(税別)

これからの朝の新習慣。ロイテリ菌のヨーグルト

 このロイテリ菌を商品化したのが、オハヨー乳業の「ロイテリヨーグルト」である。約2億個ものロイテリ菌を生きた状態で配合することに成功。日本初の口内フローラを良好にする機能性表示食品のヨーグルトだ。そもそもロイテリ菌とは人間の体内にも存在するヒト由来の乳酸菌。“ヒト由来”だからこそ胃酸や胆汁酸にも負けずに口からそのまま腸まで届き体に定着しやすい性質を持つ。

 実は発酵力が弱く風味の維持が難しいため製品化は困難だった。同社では、技術面での研究はもとより、食味も徹底的に追求して開発を進めたという。ミルク本来の風味とコクのある味わいを出すため原料には生乳を使用。砂糖は一切使わずキシリトールでほのかな甘みを出しトロっとした食感とすっきりした味。プリン、ヨーグルトなどで指名買いするファンも多い乳製品専業メーカーとしてのこだわりを感じる。ヨーグルトは美味しさプラス機能性で選ぶ時代。口腔ケアを考えるなら「ロイテリヨーグルト」が新定番なのである。

「口腔ケアは、口内だけでなく体全体の健康維持の第一歩であると考えられます。近年、歯科医師の間でもロイテリ菌に対する関心は高まっており、口内フローラ改善において最も注目を集めている乳酸菌ですね」


酒井暁美(SAKAI AKEMI)日本アンチエイジング歯科学会認定医・理事、国際口腔インプラント学会認定医。ハーバード大学・ペンシルバニア大学などの数々の海外研修を積み、女性歯科医ならではの美的感性を生かした新感覚の総合美容歯科・アミーズ歯科クリニックを開業。

INFORMATION

同シリーズにはサプリメントもあり、1日1粒なめるだけでロイテリ菌が摂取できる手軽さが人気。​
30粒入 3,000円(税別)
※販売:オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社

●商品のお問い合わせは
オハヨー乳業株式会社(ヨーグルト)オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社(サプリメント)
TEL:0120-084309
(受付:9:00~18:00、土曜:9:00~17:00、日・祝除く)