昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「DVとは違う。旦那のことが好きだった」 心愛ちゃん虐待母の「ゆがんだ愛」

取調べ途中で黙秘に転じたなぎさ被告 ©共同通信社

「毎日が地獄」

 父親による壮絶な暴行をそう表現していた栗原心愛(みあ)ちゃん(当時10)の虐待死事件。傷害幇助罪に問われた母・なぎさ被告(32)の初公判が5月16日、千葉地裁で開かれた。

 茶色のセーターに黒いズボン姿のなぎさは、終始うつむきがち。法廷で明らかになったのは虐待の全容に加え、夫・勇一郎被告(41)との歪んだ関係だ。司法記者が語る。

「2人は08年に結婚。心愛ちゃんが生まれた後、なぎさは『旦那に行動を監視されている』と母親に相談していた」

 証人として出廷した母親は、「(勇一郎に)暴力を受け、支配されている状態だったと思う。心配して離婚させ、沖縄の実家に娘と心愛ちゃんを連れ帰った」と証言した。

「しかし勇一郎が執拗に復縁を迫り、17年に再婚。同年夏に次女が生まれた後、千葉県野田市に転居すると、なぎさは実家や友人との関係を遮断され、夫の完全な支配下に置かれました」(前出・記者)

 なぎさの供述調書からは、夫への愛情が明らかになる。

「旦那からされていたことはDVと違うと思った。旦那のことが好きだった」