昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2019/05/29

人生観を変えた3度の“命の危機”

 当時のサッチャー首相に傾倒し、保守党に入党するも、92年、メージャー首相がEU創設を定めたマーストリヒト条約に署名したことに憤慨して「反連邦主義者連盟(後のUKIP)」に参加した欧州懐疑主義者。06年にUKIPの党首になると、選挙のたびにEU離脱を訴えてきた。

 ファラージ氏の人生観を変えたのが、3度にわたる“命の危機”だ。交通事故で足を切断するかもしれない重傷を負ったり、精巣腫瘍を患ったり。10年には総選挙キャンペーンの横断幕が小型機の尾翼に絡まって墜落したが、一命を取り留めた。「以来、前より目的に向かって決意を固めるようになった」という。

 EUと貿易戦争を繰り広げるトランプ米大統領とは「反EU」で利害が一致。「反エリート」「白人の復権」という政治信条も重なり、トランプ氏と一番気が合う英国の政治家でもある。“英国のトランプ”の躍進で、EU離脱を巡る論争はますます混迷に陥っている。

出典元

丸山穂高衆院議員(35)国後島で「女を買いたい」絶叫暴言

2019年5月30日号

2019年5月23日 発売

定価420円(税込)