昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《大麻逮捕の深層》元KAT-TUN・田口淳之介を取り込んだ小嶺麗奈ファミリーの“スピリチュアル世界”

「大麻は私1人のものです」。KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者(33)とともに大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された女優の小嶺麗奈容疑者(38)。小嶺は、関東信越厚生局麻薬取締部の取り調べに対してこう供述し、田口容疑者を庇っているという。

田口容疑者 ©共同通信社

「田口が大麻に手を染めるようになったきっかけは小嶺ですが、そもそも小嶺は母と一緒にヒーリング・サロンを経営するなど、“癒し”の精神世界には馴染みがあったのです」(芸能プロ関係者)

 小嶺容疑者は中学1年生のときに芸能界デビューし、熊本から上京。「3年B組金八先生」(TBS系)に出演するなど、新進女優として売り出していた。ところが、数年後に所属事務所を退社し、芸能活動は目立たなくなってしまう。そのかわりに小嶺が力をいれたのが“スピリチュアル・ビジネス”だった。

「小嶺は、10年以上も芸能界に身を置いていたストレスから、体調を崩しがちになり、癒しを求めて、スピリチュアルな世界に傾倒していったそうです。2012年頃には、代官山にヒーリング・サロン『ELEMENTS OF FOUR SEASONS』をオープンして、母親とともに経営。スピリチュアル・カウンセリングなどを行っていました」(小嶺の知人)

休業日やイベント告知を発信していたショップのブログ。最終更新は2015年
小嶺が経営するショップのインスタグラム。「皆さんの心を癒やします」(2015年4月26日Instagramより)

 サロンで行われていたのは“オーラソーマ”と呼ばれるヒーリング療法を取り入れたカウンセリングだ。

「サロンに訪れる客は100本以上あるカラフルなボトルの中から、好みのボトルを選びます。小嶺はそのボトルから、客の中の魂からのメッセージを読み取り、悩みを解決に導くのです」(同前)

オーラソーマに使用されるボトル。「選ぶ色があなた自身」(2015年2月23日Instagramより)