昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 2位は中居の“永遠のライバル”木村拓哉(44)。

「何のかんの言っても、画面に映っただけでオーラが別格」(54・男・公務員)

「マスコミは悪く言うが、正統派」(48・男・会社員)

「言いたいことは山ほどあるだろうけど、黙して語らず」(62・主婦)

 3位と意外に票を伸ばした草彅剛(42)。演技力を評価する声が多かった。

「演技をすると別人になり役になりきる! つかこうへいが演技を絶賛したのがわかる」(57・女)

「実力不足のジャニタレが淘汰されることなく増えていく現状に辟易するが、唯一、『この人が出るドラマなら観てみたい』と興味を持てる存在」(35・女)

上位3位は元SMAPが独占

 4位は現在ドラマ「ボク、運命の人です。」(日テレ系)に出演する山下智久(32)。

「ジャニーズでも圧倒的にカッコイイ!!」(21・女)

「顔もタイプだし、色気もあるし、声も良いし、嫌いな要素がない」(52・女)

 5位には俳優としての評価が定まりつつあるV6の岡田准一(36)。

「役に徹した演技力が抜群に上手」(52・女)

「大河で黒田官兵衛を演じた際、座り方からして武士の所作を感じさせたので一気に好感を持った」(67・男)

 好き部門で一番のサプライズが6位に入ったNEWSの増田貴久(30)だ。知名度はイマイチだが、ジャニーズ屈指の歌唱力の持ち主として知られる。

「とにかく素敵な歌声。アイドルを全うするためにプライベート情報を漏らさない。コンサートの演出を考え、グループのために力を出している」(20・女)

「熱愛報道がほとんどなく、メンバーさえ自宅を知らない謎の人だけど、仕事に一生懸命でアイドルを貫き通している姿が素敵」(15・女)