昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

地味系も大健闘 TOKIO・城島は「気遣いの細やかな人」

 地味系ながら、7位と大健闘したのがTOKIOのリーダー・城島茂(46)。

「若作りしない。そのまんま」(43・女)

「他のジャニタレにはない老成感」(43・主婦)

TOKIOは今年4月、山口達也の強制わいせつ事件で謝罪会見

 前出のいとうは城島が司会を務めた料理バラエティ「愛のエプロン」(テレビ朝日系)で共演した。

「私を見かけるとバーッと寄ってきてくれて『お疲れ様でした』と言ってくれる、気遣いの細やかな人でした。テレビを観ていると今でも緊張して手が震えているときがあって、繊細でいい人だなって思います(笑)」

 同じく7位には、小誌が「20年恋人と“謎の少年”」の存在を報じた元SMAPの香取慎吾(40)。

「一途に恋愛をしていたから」(39・男)

「ファンのため一生懸命にアイドルしている。幸せになってね!」(40・女)

 元ジャニーズ「忍者」のメンバー、古川栄司氏がかつての思い出を振り返る。

「慎吾も俺と一緒で太りやすいタイプ。俺が太ってヤバかった頃に、当時17、8歳だった慎吾が『古川君! 僕もヤバイよ~』とお腹をポンポン叩いていたのが可愛かった(笑)」