昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

嵐の最高位は7位・大野

 ここでようやく嵐のメンバーがランクイン。意外にも脱力系リーダーの大野智(36・7位)が最高位だ。

「歌もダンスもドラマも舞台も、何をやっても天才的クラスなのに、決して出しゃばらない」(59・主婦)

 次は嵐の優等生、櫻井翔(35・10位)。最近、「週刊ポスト」がスクープしたテレ朝・小川彩佳アナとの交際の影響は少なかった。

「本業はもちろん、ニュースキャスター、バラエティ司会と誠実な仕事ぶりが好印象」(42・男・会社員)

「ジャニーズで一番真面目そう」(48・女・会社員)

上位10位には2名がランクインした嵐
※「週刊文春オンライン」メルマガ会員を対象に4月初旬から約3週間実施

 地味系だがV6・井ノ原快彦(40)も15位と健闘。

「快活で清々しく、人に接する態度にも、相手を慮る心が感じられて好感が持てる」(76・男)

「愛妻家で子煩悩なパパっぽいところ」(35・主婦)

 稲垣吾郎(43)は16位で、20位までにSMAPと嵐は全メンバーがランクイン。一方で関ジャニ∞では村上信五(35)がただ一人。事務所の幹部候補とも言われる滝沢秀明(35)や、映画俳優として頭角を現す生田斗真(32)も圏外だった。若手のHey! Say! JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zoneは一人も入らなかった。

※「週刊文春オンライン」メルマガ会員を対象に4月初旬から約3週間実施