昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私よりもひどい人が」小1女児は首から出血しながらも駅警備員に必死で訴えた《登戸殺傷事件・現場ルポ》

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 28日朝、通学途中の小学生ら18人が、刺身包丁を持った男に突然襲われた川崎市・登戸の大量殺傷事件。

 朝7時40分頃、現場近くにいた女性は、閑静な住宅街の静かな朝を切り裂くような、「ギャー」という大人の女性の叫び声を聞いた。

襲われた女児らが乗り込もうとしていたカリタス小学校の通学バス ©文藝春秋

「悲鳴が聞こえたほうに向かうと、子供たちがケガをしていました。ズボンをはいた男の子に『大丈夫だよ。もうすぐ救急車来るよ』と声をかけると、『うん』と頷いていた。首から血を流している子もいましたが、声はかけられませんでした」

 児童らは保護者に付き添われて、バス停で通学バスを待つ列に並んでいるところだった。そこに両手に刃物を持った、丸刈り頭の男(51)が襲い掛かった。

 川崎市消防局の発表では、計19人が負傷し搬送され、小学6年の女児1名と30代の男性が死亡した。小学生女児2人、40代女性1人が重傷を負った。

現場から搬送される被害者 ©文藝春秋
16の救急隊が救護にあたった ©文藝春秋

 現場近くの登戸駅の警備員の男性は、改札前まで逃げてきた被害女児を手当てしたという。

「8時前に『小学生の女の子が改札前で血だらけになっている』と別の警備員から連絡があったので、急いで向かいました。被害者はカリタス小学校の1年生だったのですが、夏らしいグレーのワンピースの制服が真っ赤に染まるほど血を流していて、改札前でうずくまっていた。首の右側から出血していて、傷の深さは1センチ程度。急いで止血処置をしました」

現場にはマスコミが殺到 ©文藝春秋

 被害女児は「お母さん、お母さん」と泣いていた。

「『私よりもひどい人がいたの。大人の人が刺された』と必死に訴えていました。まもなく救急隊員が到着したので、状況を説明し、女児を引き渡した。新百合ヶ丘の病院に運ばれていきました」(同前)

通学バスに残されたランドセル ©文藝春秋

 事件が起きたバス停周辺には大きな血だまりができていたという。16隊もの救急隊が次々と出動し、現場は騒然となった。

事件直後の様子を目撃した女性らが献花 ©文藝春秋

「近くの小児科病院の医師らも、AEDで心肺停止した被害者の救護にあたっていた。でも倒れていた大人の男性はピクリとも動かず、後から来た救急隊が処置をしたが、ダメだと思った。子供の1人は母親らしき人に手を握られて安心したような顔をしていた」(事件直後に現場に居合わせた女性)

 犯人の男は現場で自ら首に包丁を刺し、病院に搬送されたが、ほどなくして死亡した。

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。