昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

〈株式会社ジャニーズ・エンタテイメントは、本年5月31日をもちまして事業を終了させていただくことといたしました。(中略)株式会社ジャニーズ・エンタテイメントの事業終了に伴い、株式会社ジェイ・ストームはJEレーベルの名称を譲り受け、6月1日より『ジャニーズ エンタテイメント(Johnny's Entertainment Record)』レーベルを発足させることといたしました〉

 こう綴られた文書が5月下旬、各メディアに封書で届けられ、業界は騒然となった。

メディアに届けられた文書 ©文藝春秋

「ジャニーズ・エンタテイメント」は1997年2月、ジャニーズ事務所の関連会社として設立された。立ち上げ直後にリリースしたKinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」(同年7月リリース。山下達郎作曲、松本隆作詞)は100万枚超えの大ヒット。現在は、少年隊、NEWS、ジャニーズWEST、中山優馬などが所属している。

「ジャニーズ・エンタテイメントはジャニーズグループ企業の中でも“核”と言える会社でした。今回の事業終了の意味が重いのは、同社の代表取締役を務める小杉理宇造氏(71)がジャニーズの最前線から身を退くということです」(レーベル関係者)

KinKi Kids ©時事通信社

 小杉氏はワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長や、山下達郎や竹内まりやが所属する「スマイルカンパニー」の代表取締役社長などを務めてきた音楽業界の重鎮だ。

 ジャニーズの元所属タレントが話す。

「経営者としての手腕は事務所内でも有名でした。小杉さんのことはジャニーズJr.でもみんな知っていた。たまに現場にも顔を見せていたのですが、ジャニーズJr.のみんなからは怖いイメージを持たれていましたね。話すといい人なのですが、基本はコワモテ。そのイメージのせいで、小杉さんがいる現場は常にピリッとしていました」