昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《身柄確保の衝撃写真》有名美熟女モデル・岩本和子(43)は新幹線ホームから男を追いかけ、刃物で顔を切り付けた

「本当に一瞬の出来事でした」

 事件を目撃した売店店員は衝撃の光景をこう振り返った。

 事件が起きたのは5月18日(土)の夕方。場所はJR熱海駅の東海道新幹線改札口付近で、女がカッターナイフで男性の顔を切り付けたという。付近に血しぶきが飛び散り、湯治客で賑わっていた駅構内は凍り付いた。

事件が起きたのは熱海駅の構内。当時は観光客で賑っていた ©文藝春秋

「新幹線のホームから突然、男性が階段を駆け下りてきたのです。男性が改札にたどり着き、足を止めた瞬間、後ろから追いかけてきた長い髪の女性がカッターナイフで男性の右頬を切りつけました。

岩本容疑者が被害者男性に切りつけた新幹線の改札 ©文藝春秋

 真っ赤な切り傷からは、骨みたいなものも見えました。男性は頬を手で押さえながら在来線の出口方向へ走り、女性もまた追いかけて走っていきました」(同前)

切りつけられた男性はJR在来線側の出口方向へと走って逃げ、岩本容疑者も後を追った ©文藝春秋

 逮捕されたのは大阪市在住の女(43)、被害者は東京都港区の自営業男性(34)。実はこの女、グラビア界ではよく知られた女だった。

「その後の調べで、犯人は雑誌などで活動しているグラビアモデルの岩本和子だと判明しました。癒し系グラドルの井上和香によく似た美人です」(地元紙記者)

規制線が張られた事件現場 ©文藝春秋 

 岩本が芸能界デビューをしたのは36歳。きっかけとなったのは「第3回国民的美魔女コンテスト」への応募だった。

「当時はOLとしてIT系の会社に勤務していました。交際していた14歳年下の外国人男性に振り向いてほしくて、エステやネイルに通うようになり、コンテストも彼を喜ばせるために応募したそうです。その頃はまだ地味で垢抜けませんでしたが、身長167センチのグラマラスなスタイルが審査員の目にとまり、ファイナリストに選ばれました」(芸能プロダクション関係者)

 その後、タレントとしてデビューするも鳴かず飛ばず。しかし39歳のときにスマートフォンで自撮りした動画をDVDにして売り出したところ、オリコンデイリーチャートのDVD総合ランキングで1位を獲得したのだ。

「アラフォーとは思えない容姿で“奇跡の42歳”などと持て囃され、仕事が激増しました。写真集は『神秘』(光文社)など売れ行きも好調で、DVD『癒しらいぶ~ほんのり好きでいて下さいませ~』(ゴマブックス)もオリコンデイリーチャートのDVD総合ランキングで1位を獲得しました。今年3月には遠藤憲一主演のドラマ『さすらい温泉遠藤憲一』(テレビ東京系)に旅館の女将役で出演。5月公開の映画『魔睡』では濡れ場を披露した。かなりの遅咲きとはいえ、芸能活動も軌道に乗り、順調でした」(同前)

岩本容疑者のファースト写真集「神秘」(光文社)。ドバイで撮影された