昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

年齢より“とっさの判断ができるか否か”が重要

(2)運転に年齢制限は設けられないの?(49・女)

 現在、警察庁では免許制度についての有識者会議を行っているものの、

「有識者などの中にも『地方では運転が必要』『年齢で区切るのは差別』という意見は根強い。自動車メーカーも基本的には年齢制限に反対。有識者会議は4月、地域や時間帯などを限定する免許制度の議論も先送りしており、改革は停滞気味です」(警察関係者)

 道路交通法上、免許停止となるケースは脳梗塞やてんかんなどの症状がある場合。17年からは75歳以上は3年に一度の免許更新時に認知機能検査を受け、医師から認知症と診断された場合は、免許停止や取り消しとなる。

「3年に一度の検査ですが、3年間で認知機能は大きく低下する場合も少なくありません。そもそも検査は筆記試験のみで高学歴の人は通過しやすい。最も大事な運転に必要なとっさの判断は確かめられません」(脳と運転の研究を行う高知工科大学・朴啓彰客員教授)

 実際に昨年、検査で免許停止に至ったのは全受験者の0.1%にとどまる。