昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人として責任とります」原田龍二“潔すぎる取材対応”ノーカット版・文春記者への一問一答

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 5月31日(金)、レギュラーMCを務める情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に生出演し、「人生でこんな拷問ってあるんですね」などとコメントした原田龍二(48)。5月30日(木)発売の「週刊文春」が報じた複数のファン女性との不倫疑惑について、自ら記事を解説し、共演者からもツッコミを受けていた。

「5時に夢中!」(TOKYO MX)より

 5月26日(日)、埼玉県内の自宅前での「週刊文春」記者の取材に対しても、潔く事実を認め、「責任をとります」などと答えていた。

 以下は直撃取材での原田と記者の一問一答。

(帰宅した原田に声を掛けた。原田はサングラス姿)

©文藝春秋

――原田さん、すいません。

「ちょっと待って!」(一度家に入り、すぐに出て来る)

――すみません。週刊文春です。原田さんにお尋ねしたいことがありまして。

「ええ」

――5月10日と12月、「5時に夢中!」の後に、○○公園というところに、女性と行かれていたと思うのですが。車に乗せて」

「……ちょっと待ってください」(再び家に入る。90秒後、家から出てくる)

――別の場所でお話ししますか。

「そうですね」(近所の公園に移動)

――すみません。要は、原田さんに不倫の話が出ていまして。

「はい」

――○○公園で、○○さんという都内在住の、女性だと思うんですけど、30代の。

「はい」

――あの○○公園の横で、たぶん後部座席にいらしたと思うんですけど、お二人で何をしていたのでしょうか?

©文藝春秋

「…………してはいけないことですね」(うつむき、吐き出す感じで)

――(現場を)複数回、見てまして。その……別の方とも同じようなことを……。

「すいません、ちょっと……」(ベンチを立ち、家に再び入る)