昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「性欲が強いのね」「はい、強いですね」原田龍二の謝罪会見“笑ってはいけない”珍コメント

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 原田龍二(48)が、「週刊文春」が報じた複数のファン女性との不倫疑惑について、5月31日(金)18時30分からTOKYO MXの会議室で謝罪会見を行った。

©文藝春秋

18:28 司会者「みなさんの質問がなくなるまでやります」

報道陣「おお~(笑)」(どよめき)

18:29 原田、会議室後方から入場

©文藝春秋

「この度、私、原田龍二が軽率な行動により、常日頃から応援してくださっているファンの皆さまをはじめ、誠に申し訳なく思っております。誠に申し訳ありませんでした。そして、妻と、二人の子供に悲しく辛い思いをさせてしまったこと、深く反省しております。自分がしてしまったことの軽率さ、惨めさ……」

――夜遊びをしているファンは複数人いる?

「何人くらい? 数人いらっしゃいます。実際にあったりとかは数人」

――他にもまだいらっしゃいますか。

「申し訳ございません(一礼)。ギャンブルですとか、趣味がないものですから、旅先で(インスタグラムなどに)自分の文章を書くのが昔から好きだったものですから、時間のあるときに文章を(インスタに)書いて、有意義な楽しい時間だったのですが、そういったものを……」

©文藝春秋

「『原田アウト』って言ってくださいました」

――そこでファンと出会ってしまった。

「一回それを自分の方で閉鎖して。こんなバカな亭主でごめんなさい。落ち込んでいたものですから、本当によくできた妻なので、『原田アウト』って言ってくださいました。励ましのつもりだったのかもしれないですけど。妻は自宅にいなかったので電話で伝えました」

――その時、電話で奥様は?

「詳しいことを伝えなかった。心配していた。申し訳ない。(家族)会議というよりも、僕がしてしまったことを伝えて、謝りました」

©文藝春秋

――お母様からは何か?

「『馬鹿』と言われました。こんな馬鹿息子で申し訳ありませんと言いました。自分はなんてことをしてしまったんだと思ったと同時に、やはり(妻は)人間的に尊敬できる女性だなと。僕と正反対で、本当によくできた人間なので」

――離婚というお話は出た?

「今のところ、出ていません」