昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“ゴーンの腹心⁉”ケリー前日産代表取締役 世界初告白「私は無実だ。西川社長はすべてを知っている」

ゴーン氏のCEO退職後の「雇用契約書案」は、西川社長も関与していた

「社内で解決できたはず」

 ゴーン前会長は、約90億円の報酬を隠して、有価証券報告書に記載しなかった罪が問われている。

Youtubeで無罪を主張したゴーン氏 ©getty

 だが、ケリー氏はこの「報酬隠し」についてはっきりと否定し、「私は完全に無罪だと申し上げます」と語った。そしてゴーン氏のCEO退職後の「雇用契約書案」がゴーン氏、西川氏、ケリー氏の間で準備されていたことを明かした。

ケリー「もしゴーン氏の退職後の雇用契約について何らかの疑問があるのであれば、社内で処理、解決できたはずです。なぜ私、もしくはゴーン氏に『説明して欲しい』という話が一切ないまま、議論も会議もなく、突然の逮捕にいたったのか。この検討に関与していたのが私たち2人だけでないことを考えれば、本件での突然の逮捕は普通ではありえませんし異常です」

©文藝春秋

 インタビューでは、西川社長が「雇用契約書案」にどのように関与していたかや、日産への不動産購入要求、「特例中の特例」の手続きによって西川氏が手にした株価連動型役員報酬についても詳細に証言している。

 インタビューの全文「西川廣人さんに日産社長の資格はない」は、6月10日発売の「文藝春秋」2019年7月号に掲載されている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(8枚)

+全表示