昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妊娠を喜んでいた」美熟女モデル刃傷事件 岩本和子(43)は事件直前、警察に保護されていた

 5月18日夕方、JR熱海駅の新幹線改札口で、熟女モデルの岩本和子(43)が男性を切り付けた事件で、この直前、岩本は警察に保護されていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

 岩本は湯治客の間をすり抜けながら、逃げる男性の後を追いかけ、男性が改札で一瞬立ち止まった瞬間、右頬をカッターナイフで切りつけた。付近には血しぶきが飛び散り、「真っ赤な切り傷からは、骨みたいなものも見えた」(事件を目撃した売店店員)という。

警備員らに取り押さえられる岩本和子 ©文藝春秋

 前回の記事でも報じたが、この3日前の5月15日早朝、岩本はFacebookやTwitterに不穏な投稿をしている。これらのSNSは現在は閉鎖されているが、〈助けてください 殺されます〉〈相手 〇〇〇〇(※男性の実名) 理由 レイプによる妊娠〉などの書き込みに加え、胎児が写ったエコー写真を投稿。伏せ字にした「〇〇〇〇」には、被害男性の実名が書き込まれていた。

「被害男性は若手実業家です。証券会社から独立後、オーダーメイド靴の会社や民泊事業などを手掛けている。筋肉質のスポーツマンタイプで、自宅は都内のタワーマンション。岩本の交際相手でした」(地方紙記者)

2015年7月20日、YouTube上に投稿された動画。動画内で「私のこと好きでいてくれる人のこと、私も全力で好きです」などとコメント。この頃にはすでに〝情念の女キャラ〟で売り出していた

新しい命を授かって「心から嬉しそうでした」

 岩本が警察に保護されたのは、前述のSNS投稿の直後だ。事件数日前まで岩本と連絡を取っていたという知人が打ち明ける。

「岩本さんのSNSでの発言を見て心配になり、警察に保護してほしいと電話しました。実際、警察官が彼女の自宅に駆けつけ、大事にならずに済んだようです。だからこそ、直後に起きた熱海駅の事件を知ったとき、とてもショックでした」

オフィシャルブログ「Kazukolive(かずこらいぶ)」。事件後に閉鎖された

 岩本がSNSに投稿したエコー写真には〈2019年5月13日16週4日〉と走り書きしたメモが添えられている。実は5月初旬頃、岩本は妊娠したと周囲に打ち明けている。

「岩本さんは43歳。もう妊娠はないだろうと思っていたタイミングで新しい命を授かったんです。心から嬉しそうでした」(芸能事務所関係者)

 しかし喜色満面の顔つきは、しばらくして思いつめた表情に変わっていったという。