昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

男性に既婚かどうかを問い詰めた結果……

「岩本さんが男性の家族関係を周囲に聞いて回っていたのです。なんでも妊娠を男性に伝えたところ、何の反応も返してくれなかったと。それで男性には妻がいるのではないかと疑いだした」(同前)

 そして岩本は事件当日、被害男性に既婚かどうかを問い詰めた。

「男性はそこで妻がいると認めたようです」(同前)

映画初主演となった「魔睡」。シネマート新宿にて5月17日から1週間の限定公開。事件前日が初日舞台挨拶だった

 答えを聞いた岩本は逆上し、衆人環視のなか凶刃を振り上げたのだ。

「当初は凶器がカッターナイフだったこと、被害者の命に別状がなかったことから、殺意はなかったとされていました。しかし、駅や商業施設でも血が飛び散り、彼女が男性を追いかけ回す姿も多くの人に見られてしまっていることから、殺人未遂に“格上げ”されたのです」(捜査関係者)

「刺すなら熱海」

 事件は世間に衝撃を与えたが、岩本をよく知る仕事関係者にとっては「腑に落ちるものもあった」という。

「『刺すなら熱海』。彼女ならそう考えてもおかしくない」

 彼女の人となりをよく知る出版関係者はそう述懐する。