昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日朝首脳会談に期待が高まる中……“金正恩を激しく批判する”北朝鮮亡命外交官が来日の意向

金正恩が安倍首相に要求するもの

 これまで韓国へ亡命した脱北者の中で歴代最高位となるエリート外交官・太永浩氏(56、元駐英北朝鮮大使館公使)が、初来日する方向で調整していることが分かった。

手記が異例の16万部を突破

 太氏は、数日間滞在する予定で、東京都内で記者会見などを行う予定だという。現在、日本の世論では、北朝鮮による拉致問題解決のための日朝首脳会談実現への期待が高まっている。太氏も来日中、拉致問題に言及するものとみられる。

太永浩氏
韓国では16万部を記録

 今回の太氏の来日は、6月13日に日本で発売される手記『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』(文藝春秋刊)に合わせたものだ。2018年5月に発売された韓国語版『三階書記室の暗号 太永浩の証言』(原題)は、ノンフィクションジャンルの書籍としては異例となる16万部の売り上げを記録した。

 日本での著書刊行に先立ち、太氏は「文藝春秋」のインタビューに応じ、現在の北朝鮮をめぐる情勢、とりわけ日朝関係について分析した。