昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

麻薬捜査のライバル「マトリ」vs「組対5課」 ピエール瀧初公判の日に発表された“すごい捜査”

 6月5日、各メディアを賑わせていたのは、コカイン使用の罪で起訴されたピエール瀧被告(52)の初公判だ。

ピエール瀧逮捕は「マトリ」のお手柄 ©共同通信社

 法廷には瀧の薬物依存の治療に当たっている医師が出廷。依存症の判断基準11項目のうち該当するのは1つだけで、20年以上の使用歴の割に依存性は比較的低い旨を証言した。求刑は懲役1年6カ月。判決はまだだが、執行猶予付きとの見方が大勢だ。

 初公判の報道を見ながら、瀧を逮捕した関東信越厚生局麻薬取締部、通称「マトリ」は束の間の優越感に浸っていたかもしれない。なにしろ大麻所持容疑で逮捕された元ジャニーズの田口淳之介被告(33)にしても、最近話題の薬物事件はすべてマトリの捜査だったからだ。

 だが同じ日、警視庁組織犯罪対策5課も大きな成果を上げていた。静岡県南伊豆町の海岸で中国籍の男7人を覚醒剤取締法違反容疑で逮捕したと発表したのだ。