昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

地上波レギュラーは1本なのに……なぜ70歳の武田鉄矢はBSで強いのか

 放送開始から18年半。すっかり日常となったBSデジタル放送で強さを発揮しているのが武田鉄矢(70)だ。

「顔出しの地上波レギュラーは地元福岡の情報番組のみだが、BSでは2本の強力な番組を持つ。2013年から司会を務める『武田鉄矢の昭和は輝いていた』(BSテレ東)は歌謡曲を中心に昭和時代を回顧するトーク番組。6月7日には西城秀樹の没後1年に合わせ、錦野旦らを招き2時間特番を組むなど、局も力を入れている。さらに5月には、BSで復活した『水戸黄門』(BS-TBS)の第2シリーズが放送開始。地上波から数えて6代目の黄門様を演じている」(放送記者)

大河ドラマにも5度の出演歴を誇る ©文藝春秋

 なぜ今、武田鉄矢がBSなのか。その背景をテレビ誌記者が解説する。

「バラエティが氾濫する地上波に嫌気がさした中高年層が、BSに流れる傾向が指摘されてきた。以前は時代劇の再放送や演歌番組などが主だったが、最近は各局とも独自の中高年層向け番組に力を入れ、BS全体で視聴率10%に相当する視聴者を集めることもあるという。50年近いキャリアを持ち、程よく枯れた武田は、ゆったりとテレビを見たい層にとって恰好の“癒やし系”なのでしょう」