昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キンプリ平野紫耀も「グチグチ言われるのが面倒」 ソデにされた“忠犬マネジャー”

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

「今年の4月、キンプリのメンバーが事務所側に希望して、担当マネジャーのT氏を別の人間に替えさせたんです。ジャニーズの“次世代エース”とはいえ、傍若無人が過ぎる」(テレビ局関係者)

 2018年5月にドラマ「花より男子~花男Next Season~」(TBS系)の主題歌「シンデレラガール」でデビューしてから、ドラマや映画、バラエティ番組などに次々と出演しているジャニーズの新星グループ「King & Prince」。

 6月7日には、ライブツアー「King & Prince CONCERT TOUR 2019」の開催を発表。7月19日の神奈川・横浜アリーナから10月20日の新潟・朱鷺メッセまで7会場28公演を行う。6月19日にファーストアルバム「King & Prince」をリリースするなど、快進撃は止まらない(休養中の岩橋玄樹はツアー不参加)。

2019年6月19日発売予定のファーストアルバム「King & Prince」初回限定盤A。センターが平野紫耀、左上が高橋海人、右上が神宮寺勇太、左下が岸優太、右下が永瀬廉

全員がソロで活躍できるポテンシャル

 事務所関係者も「世界のキンプリにする」と力を入れているという。

「ジャニーさんが手塩にかけて育てた秘蔵っ子ですから、事務所の力の入れようはすごい。デビューシングルは70万枚超を売り上げ、ドラマ『花男』に主演した平野紫耀(しょう・22)は、ドラマ人気も相まって、一躍知名度を上げました」(同前)

2019年6月19日発売予定のファーストアルバム「King & Prince」初回限定盤B

 平野以外のメンバーも粒ぞろいだ。

「甘いマスクの永瀬廉(20)は公開中の映画『うちの執事が言うことには』の主演に抜擢されましたし、神宮寺勇太(21)は紳士的な振る舞いでファンの心を掴んでいます。“ポンコツキャラ”でいじられていた岸優太(23)も、最近ではバラエティ番組の作法を覚えて、いい動きをするようになってきました。『上目遣いが母性本能をくすぐる』とコアなファンを持つ髙橋海人(20)や、アイドル雑誌『Myojo』(集英社)の『恋人にしたいJr.』ランキングで前人未到の5連覇を達成した岩橋玄樹(22)など、全員がソロで活躍できるポテンシャルを秘めている」(同前)