昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

修猷館、興譲館、佐倉、修道……「藩校」教育にAI時代を勝ち抜くヒントがある

 2020年度には大学入試が大きく変わる。それに合わせて小中高の学習指導要領の改革も進んでいるが、加速する一連の教育改革の背景には、大きな社会構造の変化がある。

 たとえばAIなどの進化により、10~20 年後には「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」(野村総合研究所・英オックスフォード大学とのマイケル・A・オズボーン准教授の推計、2015年)なるとの予測がある。そうした変化に対応するため、単に知識を得るだけでなく、「自ら学び自ら考え行動する力を育成する」ことが教育改革の主眼となっているのだ。

佐倉高校の「記念館」

 教育の方法も従来の一方通行型から、生徒がより能動的に学ぶ「アクティブラーニング」へと変わっていくことになるが、一方で、AI社会においては「日本の伝統校の教育こそ参考にすべき」との指摘がある。

 教育ジャーナリスト・おおたとしまさ氏(45)は、「文藝春秋」6月号に寄稿した「教育の本質は『藩校』にあり」で、江戸時代に各藩で設立された「藩校」の教育に注目している。

修猷館高校

とにかく「生徒の自主性を重んじる」

 現在、日本には「藩校」以来のユニークな教育を伝統として受け継ぎ、実践している地方の超伝統校がいくつか存在する。たとえば、福岡県立修猷館高校は、1784(天明4)年に黒田藩が設置した藩校に由来し、200年以上の歴史を有する名門校だ。

 主な卒業生には、内閣総理大臣・廣田弘毅、朝日新聞主筆から副総理になった緒方竹虎ら政治家や、警視総監、内閣危機管理監を歴任した伊藤哲朗氏などがいる。

 この高校の教育の特長は、とにかく「生徒の自主性を重んじる」ということだ。