昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

削らない、神経抜かない……「歯」に悩む人必読の“3大新常識”とは?

 万人を悩ます歯のトラブル。どこの歯医者に行けばいいか迷うし、おカネもかかるし、何より痛い……。しかし医療は日進月歩、歯の常識も日々変わりつつある。削らない治療法に理想の歯磨き法、いい歯科医の見つけ方まで、5人の専門家があなたの疑問に答える!

◆◆◆

「削らない虫歯治療」がある

 歯医者に行くのが大嫌い、という人は多い。キーンという高い音が響く診察台で、恐怖と痛みに耐えながら、ドリルで歯を削られた辛い記憶だけが残る。

 だが、それも昔の話。(1)最新の虫歯(う蝕)治療は、「できるだけ歯を削らない」「できるだけ神経も抜かない」という考え方に変わっているのだ。

「自前の歯を少しでも多く残すことは、高齢になったとき、健康的な生活の維持に大きく寄与します。『削らないこと』が『歯を残すこと』につながるのです」

 こう語るのは、神奈川歯科大学大学院歯学研究科の山本龍生教授だ。

「これまでは、どんなに小さな虫歯であってもその部分を削って除去し、詰め物をするという治療が行われてきました。進行した虫歯であれば、より大きな詰め物をしたり、歯全体にクラウンという被せ物をする治療が行われる。ですが、こうした虫歯治療こそが、歯を失う大きな要因になっているのです」

 

 人間の歯は、外側が硬いエナメル質に覆われているが、ここを一度でも削ると元に戻らない。しかも、削ることで周囲のエナメル質に目に見えないクラック(ひび)が入り、そこから虫歯菌が侵入する可能性が高まってしまうという。

「さらに、詰め物は接着剤で歯に接合されていますが、経年により接着剤が少しずつ溶け出し、わずかな隙間ができてしまう。そこには歯ブラシが届かないので、細菌の塊であるプラーク(歯垢)が溜まり、虫歯菌が侵入して再び虫歯になるのです」(同前)

 再発した虫歯の治療のために詰め物を外し、さらに大きく削って大きな詰め物をしなければならない。まさに悪循環だ。