昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“お墓参り”の心を受け継ぐ新しい供養のかたちをつくる納骨堂「稲毛陵苑」

稲毛駅徒歩3分 供養のすべてを行えるお墓型「納骨堂」

PR

大切な人を偲ぶお墓だからこそ、気軽に足を運べる場所にあってほしい。宗教法人毘沙門堂が管理・運営する納骨堂「稲毛陵苑」は、心に寄り添った、あたらしい供養のかたちを提案する。


 稲毛陵苑はJR稲毛駅徒歩3分という、交通至便な場所にある自動搬送式納骨堂を併設する寺院である。お墓参りはもちろん、葬儀(一般葬・家族葬)、納骨・法事と、一か所で供養のすべてを行なえる総合供養施設である。

黒御影石の伝統的な和型のほか、洋型、特別室の3種類から選べる。檀信徒価格79万円~。
黒御影石の伝統的な和型のほか、洋型、特別室の3種類から選べる。檀信徒価格79万円~。

 3階建ての最上階に参拝ブースがあり、広々とした空間に屋上から光が差し込む。稲毛陵苑では墓石の下に遺骨を納めるオリジナルシステムを開発し、日本では稀有な墓型納骨堂を実現している。屋内でありながら、昔ながらの感覚で墓石の前で手を合わせられる。

ガーデンスタイルの洋型。天上から光が射し込むゆとりある参拝環境。
ガーデンスタイルの洋型。天上から光が射し込むゆとりある参拝環境。
受付でICカードをかざすと、遺骨を収めた厨子が自動的に参拝ブースに移動する。
受付でICカードをかざすと、遺骨を収めた厨子が自動的に参拝ブースに移動する。

 納骨堂は職員の手で毎日清掃され、清々しく保たれている。生花や線香も供えられているので手ぶらでお参りでき、屋内のため天候に左右される心配もない。気軽に参拝できる利便性と昔ながらのお墓参りの良さを併せ持つ、新しい“納骨堂”のカタチである。

本堂では毎日、檀信徒の先祖供養が営まれている。
本堂では毎日、檀信徒の先祖供養が営まれている。

気持ちを解放し故人と向き合える場所に

 屋上庭園は芝生や水盤を配し、水と緑にあふれている。この庭園には永代供養の合祀納骨堂もあり、継承者がいなくなった遺骨を収め毘沙門堂僧侶が永代にわたり供養する。

3階屋上のモダンな庭園には、合祀納骨堂がある。
3階屋上のモダンな庭園には、合祀納骨堂がある。

 毘沙門堂の和氣住職は「日常生活では、感情をあらわにできる場所はなかなかありません。稲毛陵苑は、泣ける場所、気持ちを解放できる場所であるべきと考え、現代にふさわしい供養の場になればと願っています」と話している。

INFORMATION

【お問い合わせ先】宗教法人毘沙門堂 稲毛陵苑 
TEL:043-388-0559

稲毛陵苑の資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

アンケート締切

2019年9月19日(木)

応募フォームへ

出典元

「韓国と徹底的に白黒つけろ」安倍VS.文在寅

2019年8月15・22日号

2019年8月8日 発売

特別定価460円(税込)