昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

他のメンバーから「ファンと繋がるならお金を貢いでもらえ」

 だが、金品を貢がせるのが目的だという髙橋の魂胆が垣間見えることもあった。

「ANTIMEの他のメンバーからは、『ファンと繋がるならお金を貢いでもらえ』ということを言われていると髙橋くんは言っていました。それは私にも隠しませんでした。

『お金を払わないファンはLINEのメッセージをブロックしたほうがいい。レッスン用のスタジオ代も払えないなら、ファンと繋がっていても意味がない』と他のメンバーから言われていると。それでも髙橋くんは『ブロックしないよ』と、優しく言葉をかけてくれたので信じてしまいました……」(同前)

 

「お前のやっていることってただの自己満でしょ?」

 だが、そんな折に髙橋が隠していた本命恋人の存在が発覚してしまう。

「1月の終わり、私が髙橋くんの家に居た時、化粧落としと女性モノの服を見つけてしまったのです。最初は焦っていた彼ですが、開き直って『実は長く付き合っている同級生の彼女が居る』と白状したのです。それでも私は彼を許してしまい、『2番目の女』のような扱いになってしまいました。それでも3月以降は会う頻度が少なくなりました。

 最後に会ったのは2018年の8月です。この時、お金のことで口論になり、髙橋君からは『お前のやっていることってただの自己満でしょ?』と言われた。その一言で私は我に返りました。今までやってきたことを後悔し、怒りがおさまりませんでした。以来、全く連絡はとっていません」(同前)

 

 結局、A子さんが使った額は、イベントなども含めると300万円を優に超える。髙橋の“色恋営業”に乗せられ、多額を貢いでしまったことは、A子さんには辛い思い出だ。この6月のホリプロ移籍や「デスノートTHE MUSICAL」出演決定で、髙橋の活躍を見かけることが増えたが、そのたびに忸怩たる思いにかられるという。

 髙橋の所属事務所に事実確認を求めたが、期日までに回答は得られなかった。

この記事の写真(12枚)

+全表示

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。