昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「手術台の私を放置させ、男性は中絶費用の領収書を…」交際男性殺害未遂・美熟女モデル岩本和子(43)留置所からの手紙

「完全に私は、狂ってしまいました」

 美熟女モデルとしてグラビアで活躍する岩本和子容疑者(43)が、知人男性(34)を熱海駅で切りつけ、殺人未遂と銃刀法違反で逮捕された事件。取材班は、検察庁の留置施設にいる岩本に複数回面会しているが、面会室では語り尽くせなかった思いをしたためた、岩本の4通の手紙も受け取っていた。

 丁寧な言葉遣いで綴られたその手紙には、熱海の事件に至るまでの出来事が、ひとつひとつ赤裸々に綴られていた。

手紙の掲載について岩本は記者に「本当にありがとうございます。(掲載を)ぜひお願い致します」と面会室で告げた ©文藝春秋

 前編で紹介したのは、43歳で妊娠して「奇跡だ!」と喜んだことに始まり、一度は男性に「産んでいいよ」と伝えられたこと。しかし事態は一転し、父親になるはずの知人男性が既婚者だったことが判明して堕胎を決意し、錯乱状態に陥っていく過程だった——。

 この後編では、岩本が堕胎のために手術台に乗ったときの状況から、やがて訪れた激しい後悔、さらに自分自身を見失い、事件当日を迎える様子が記されている。

 岩本いわく、「同じ女性の方たちなら、私の気持ちが分かってくれるかもしれない」。面会室でガラス越しに記者に手を合わせ、こう話した岩本の同意を受け、以下に後編を公開する。取材班では被害男性のA氏にも連絡を試みたが、コンタクトを取ることができなかった。

 ◆

 5/13~5/18の事件当日までの私の記憶は混沌としています。

 誰かれかまわず メッセージし、相談し、しまいにはSNSにアップしたりもしていたようでございます。

5月15日に岩本本人のフェイスブックに投稿された一連の書き込み。投稿後すぐに削除されている
 
 

 思いつく相談相手(友達)には、ほんの数人ですが、産みたい、どうしようと言っていたようです。

 大阪と東京を行き来しましたが何日にどこで何をしたか?は覚えていません。

 その頃、私は安定剤でボーっと過ごしていたような気がします。

 母とベッドで眠った記憶もあります。

 けど、救急車で運ばれた記憶もあり、警察(新宿)で保護された記憶もあり、本当に何もかもが混沌としています。(※第2回記事参照

 ともかくまともじゃなかったのです。

 ショックが大きすぎて。