昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【参院選直前】自民党VS立憲民主党「老後2000万円不足問題」徹底論争

「橋龍2世」と「ミスター年金」が直接対決!

 参院選の公示日である7月4日、安倍晋三首相は福島市で演説を行い、こう熱弁をふるった。

「年金は皆さんの大切な老後の生活の柱です。しかし、この年金の財源は現役世代の保険料負担と税金です。この負担を増やさないで年金を増やすことはできません。“打ち出の小槌”はないのです」

 今回の参院選の大きな争点の1つが年金問題だ。発端は6月3日に金融庁が公表した報告書だった。

「年金だけでは老後資金が2000万円不足する」

 このような内容に批判が集中し、麻生太郎金融担当大臣は報告書の受け取りを拒否。安倍首相も「不正確で誤解を与えるものだった」と釈明し、金融庁は謝罪に追い込まれた。

麻生太郎金融担当大臣は報告書の受け取りを拒否した ©共同通信社

「老後資金2000万円問題」が参院選のカギであるならば、与党と野党の一体どちらが納得できる説明をしてくれるのだろうか。

 そこで、自民党の橋本岳衆院議員と立憲民主党の長妻昭代表代行に徹底討論を行ってもらった。“与党代表”の橋本氏は、祖父の橋本龍伍氏と父の橋本龍太郎元首相が共に厚生大臣を務め、自身も厚労副大臣や党部会長を務めるなど厚労族の出世街道をひた走ってきた。一方、“野党代表”の長妻氏は、「ミスター年金」とも呼ばれ、第一次安倍政権下で起こった「消えた年金問題」の追及で名を上げた野党きっての論客である。

 まず、長妻氏が口火を切った。