昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

賛成ですか、反対ですか 丸山穂高に“血税1億円以上”が注がれる

国後島で「女を買いたい」と叫んだ ©共同通信社

「戦争で北方領土を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などのトンデモ発言で日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(35)が、ツイッターで和田アキ子、坂上忍といった有名人に次々と噛み付いている。これに〈こんな輩に血税から年間約3200万円超が支払われる〉と反応したのは維新の同僚議員でもあった東国原英夫。ただしこれは歳費(年約2000万円)と文書通信交通滞在費(年1200万円)の単純計算に過ぎない。

「国会議員は新幹線のグリーン車に乗り放題の『JRパス』か、選挙区との月4往復の航空券を選ぶことが出来ますが、丸山氏の場合、関西空港が便利なので後者の可能性が高い。正規料金が支払われるので年間240万円ほどです。また50歳代の政策秘書が残っており、彼の年収は1100万円程度で、毎月3万円の通勤手当もつきます。つまり合計で年4500万円超、再来年10月の任期満了まで務めるとすると1億円以上の血税が払われる。さらに、今後“一人会派”を立ち上げれば、立法事務費が毎月65万円支給されます」(衆院議員秘書)

 丸山氏の住む赤坂議員宿舎は3LDKで家賃は約12万円と、周辺相場の約3分の1。さらに、維新を除名された余禄もある。維新議員が自主的に行っていた被災地支援のための毎月18万円(年216万円)の寄付も、文通費の使途の公開も不要となったのだ。

 国会議員の特権を謳歌する丸山氏だが、自らの選挙区はあっさりと手放した。