昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新しいお寺とのつきあい方 築地本願寺が生んだ時代をとらえた“会員制”とは?

入会金・年会費無料でもお寺がコミュニティをつくる理由

だれもが気軽に立ち寄り、学び、人生の悩みを相談できる場所。そんな“開かれたお寺”を目指す築地本願寺は、この夏から会員制度「築地本願寺倶楽部」に誰でも入会できるようにリニューアルした。


 
 

 「これからの人生では、道に迷う場面も出てくるでしょう。そんなとき、仏教について学び、そこで得られた気づきがあることは、人生の道しるべになると思っています」。埼玉県在住のIさん(64)は、築地本願寺倶楽部へこうした期待の声を寄せる。

 築地本願寺では会員制度「築地本願寺倶楽部」を設け、人生をよりよく生きるためのさまざまな支援メニューを提供している。この夏からリニューアルし、誰でも入会できるようになった(いままでの宗旨宗派不問)。会員になると築地本願寺が運営する合同墓の契約が可能となるほか、僧侶への相談や各講座の受講、相続やお墓、介護、医療などさまざまな相談も可能で「お悩みのワンストップ窓口」として機能する。

 
 
築地本願寺倶楽部はいままでの宗旨宗派にかかわらず入会でき、さまざまなサービスを受けられる。
築地本願寺倶楽部はいままでの宗旨宗派にかかわらず入会でき、さまざまなサービスを受けられる。

 冒頭のIさんは、夫婦で築地本願寺の合同墓を検討している際に、築地本願寺倶楽部の存在を知ったという。「信頼できるお墓を確保したうえで、築地本願寺倶楽部のようなサポートがあるのは良いですね。また、知識の豊富な僧侶から直接お話を伺い、学ぶ機会が得られるとありがたいと思います」と話す。

 築地本願寺倶楽部では、会員向けに著名な講師を招いた講演会を予定しており、今年の8月30日には医師・作家の鎌田實さんによる会員限定の特別講演を実施する。この機にぜひ入会してはいかがだろう。

 
 

入会のお申し込みは下記から
築地本願寺倶楽部

INFORMATION

【お問い合わせ先】築地本願寺コンタクトセンター 
TEL:0120-792-048

築地本願寺倶楽部の資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

アンケート締切

2019年9月19日(木)

応募フォームへ

出典元

「韓国と徹底的に白黒つけろ」安倍VS.文在寅

2019年8月15・22日号

2019年8月8日 発売

特別定価460円(税込)