昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

熱中症にならないために……運動したら30分以内に「コップ1杯の牛乳」を飲もう

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日~8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2017年8月10日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

そもそも熱中症は一番何が怖い?

 熱中症で倒れた人のニュースが連日のように飛び込んでくる。

 消防庁によれば、今年5月以降に熱中症の疑いで救急搬送された人は、全国で2万6441人。そのうち22人が亡くなっている(7月23日現在)。搬送された人の49.5%が高齢者だ。

 帝京大学医学部附属病院・高度救命救急センターの三宅康史センター長の話。

「今年の夏は熱波到来ではないので、いまのところ重症者は少ないという感触です。それでも、昨年の同じ時期に比べて救急搬送者の数は6000人以上も増加。特に本州の梅雨明け前の7月10日から16日の週は7680人と、前週の4241人の約2倍近くの人数に跳ね上がっています。天候が不規則なので、今夏は何が起こるのか予想できない怖さがあります」

 油断していると、誰もが危険にさらされるのが熱中症の恐いところだ。

©iStock.com

 熱中症とは、次に挙げた4つの障害の総称である。

1.熱失神(軽度)
めまい、顔面蒼白、立ちくらみ・一時的な失神。

2.熱痙攣(軽度)
大量の発汗、手足がつったり、筋肉が痙攣を起こす。

3.熱疲労(中等度)
大量の発汗、頭痛、吐き気、体の倦怠感、口から水が飲めなくなる。

4.熱射病(重症)
呼びかけに反応しない等の意識障害、立てない、体温が高い。

 いずれも激しい運動や、気温が高い場所に長時間いることなどが原因となり発症する。

熱中症になりにくいカラダ作りを

 いまや誰もが知っているように、熱中症予防でまずやるべきことは、こまめな水分補給と部屋の温度を下げること。特に高齢者の多くは屋内で発症しており、日中だけでなく睡眠時もエアコンを使って室温を下げるなどの対策が必要だ。

 加えて重要なのが今回のテーマ「熱中症になりにくいカラダ作り」だ。

「水分補給だけではなく、肉類などのタンパク質食品を毎日しっかり摂る。実はこれが熱中症予防につながるのです」

©iStock.com

 こう語るのは前人間総合科学大学教授の熊谷修氏だ。

「われわれは、体内に溜まった熱を全身を循環する血液によって体外に放出しています。ですから身体から熱を逃がすには、体格に見合った血液量の保持が欠かせません。血流量が充分であれば、それだけ体温の調節機能が効率よく働くことになります。

 血液の量を調節しているのは、血中のアルブミン。この数値はタンパク質を充分摂っているかどうかで大きく変わってくる。特に高齢者は普段の食事から摂るタンパク質が不足していることが多く、その結果、血清アルブミンが減少しがち。これを増加させるためには、肉類を意識的に食べることが必要です」(同前)

 ところでヒトは血液循環で、どのように体の熱を下げているのだろうか。