昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

謝罪後もこんな言い訳を……“闇営業”宮迫博之が芸人仲間から反感を買った理由

「宮迫は問題発覚当初、関係者や芸人仲間に『詐欺グループから金はもらっていない』と言い訳をしていました。だから、最初は芸人仲間も彼を庇っていたのですが……」(宮迫の知人)

 6月24日発表の謝罪コメントでは一転、〈間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております〉と認めた(その後7月13日に吉本興業は、ギャラとして宮迫が100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が50万円を受け取っていたことを公表)。

四面楚歌の宮迫 ©文藝春秋

突き放した松本人志

 この弁明に、30日の「ワイドナショー」(フジ系)では、兄貴分の松本人志(55)が厳しく反応。当初から正直に話すよう促していたが「どこか芯では分かっていなかったのかな」とし、

「不倫のときに中途半端にごまかすことができたのがよくなかったのよ」

 と、一昨年「週刊文春」が報じた“オフホワイト不倫”を引き合いに出しコメント。

「東京に出てきてもなかなか売れなかった宮迫がブレイクしたのは、ダウンタウンとの共演がきっかけ。恩人である松本さんにまで虚偽の説明をしていたことが、芸人仲間からここまでの反感を買う要因となった。吉本芸人のトップである松本さんが突き放した影響は大きい」(吉本関係者)

番組で言及した松本(フジテレビ「ワイドナショー」より)

 しかし、宮迫の言い訳はこれだけに終わらず、謹慎処分の発表後も続いていたという。前出の知人が明かす。