昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

お墓についてのよろず相談は、「はせがわの おはかの窓口」におまかせ

お墓の疑問や聞きたいことに応えてくれるお墓のプロが常駐。

PR

お墓の用意はほとんどの人にとって初めての経験だ。だからこそ、値段や広さ、種類や選び方などわからないことばかり。そんなときは、仏壇・仏具で有名な「はせがわの おはかの窓口」が頼りになる。


 お墓を準備する時に頼りになるのが「はせがわの おはかの窓口」だ。128店舗すべてにお墓の相談窓口があり、常駐の“お墓のプロ”が無料で、何度でも相談に乗ってくれる。お墓の購入・工事の依頼も可能だ。はせがわは石工事業で国交省の建設業許可を有し、年間3000基超の施工数を誇る墓石工事の有力事業者。「はせがわの おはかの窓口」では墓石工事の受注から引渡、納骨の立ち合いまで一貫してサポート。納骨堂や永代供養など個々の事情にあわせたさまざまな提案もする。

はせがわは独自の施工標準書を作成し、基礎工事や地震対策などを徹底している。
 
はせがわは独自の施工標準書を作成し、基礎工事や地震対策などを徹底している。
 

 はせがわ久喜店の當摩(とうま)真紀さんも、お墓の相談員の一人。

「元気なうちにお墓を準備しようと考える方が多いですね。お話をうかがい、より良いご提案を心がけています」と話す。

「はせがわの おはかの窓口」では、さまざまなお墓選びの悩みに応える。久喜店の當摩さんは「お墓選びは、ご家族の思いも大切です。ぜひみなさんでいらしてください」と話す。
「はせがわの おはかの窓口」では、さまざまなお墓選びの悩みに応える。久喜店の當摩さんは「お墓選びは、ご家族の思いも大切です。ぜひみなさんでいらしてください」と話す。

事前に相談して後悔しない選択を

「最近は家族に迷惑を掛けたくないと永代供養墓をご検討される方が増えています。その場合、最初から合同墓を選ぶ方法もありますし、最初はご家族でお墓を購入して、承継者がいなくなったら合同墓に移行するという方法もあります」と當摩さん。

「現在はいろいろなお墓の情報を手に入れられるので、かえって最適なお墓選びが難しくなっているかもしれません。後悔しないお墓選びのために、お盆などご家族の集まるタイミングで、ぜひ一度ご相談いただければと思います」

「はせがわの おはかの窓口」では、新規購入のほかに、お墓の引っ越し、リフォームなどにも対応する。お墓で気になることがあるなら、まずは一度足を運んでみよう。

人気の洋型、伝統的な和型、デザイン墓など多様な墓石に対応する。
人気の洋型、伝統的な和型、デザイン墓など多様な墓石に対応する。

INFORMATION

【お問い合わせ先】はせがわの おはかの窓口 
TEL:0120-11-7676  10:00-18:00(不定休)

 はせがわの おはかの窓口の資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

アンケート締切

2019年9月19日(木)

応募フォームへ

出典元

「韓国と徹底的に白黒つけろ」安倍VS.文在寅

2019年8月15・22日号

2019年8月8日 発売

特別定価460円(税込)