昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ナンパして酒を飲ませ風俗店に……京都の女性たちをだました“悪質手口”と“あきれた発言”

 ナンパした女性に高額な酒を飲ませ借金をさせ、返済代わりに風俗店に斡旋する――。

 京都で繰り返されていた悪質なスカウトを取りまとめるトップの男ら3人が7月9日、職業安定法違反の疑いで京都府警に逮捕された。男らはスカウト集団「フューチャーグループ」を自称し、京都、大阪、奈良の3府県を中心に活動。約4700人の女性を風俗店に斡旋し、女性が稼いだ金額の一部などが組織に還元され、1年間に約5億円の収益があったという。「会長」を名乗るトップの加藤岳志容疑者(39)は「自分は関係ない」と容疑を否認している。

スカウト組織のバーが入るビル ©文藝春秋

 すでに起訴された傘下組織のメンバー9人には、6月末までに京都地裁で有罪判決が言い渡されている。この傘下組織は同志社大や京都産業大など京都の有名私大に通うイケメンばかりの約20人で結成され、公判ではその卑劣な手口が明らかになった。

 司法記者が解説する。

「組織は京都の繁華街で女性に声をかけ、好意があるかのように装ってメンバーらが経営する会員制の祇園のバーへ連れて行く。女性に高額なメニューを注文させて多額の未払い金を負わせると、相談に乗るふりをして風俗店に紹介。女性はストレスからバーでの散財を繰り返すという、マッチポンプができあがっていた」

 代表の男には毎月100~150万円、「部長」だった大学生には50~100万円の給料が支払われていたという。公判ではさらに、メンバーらの呆れた態度も衆目にさらされた。