昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

フランスおじさん版“ウォーターボーイズ” 「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

ベルトラン(マチュー・アマルリック)はうつ病が原因で会社を退職し、引きこもりがちな生活を送っていたが、地元の公営プールで活動する「男子シンクロナイズド・スイミング」のチームに加入する。そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン(ギョーム・カネ)や、内気で女性経験のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)など、悩みや不安を抱えた中年ばかりだった。やはりある問題を抱えている女性コーチ(ヴィルジニー・エフィラ)に率いられ、さまざまなトラブルに見舞われながら、8人の男たちは世界選手権出場を目指す。

〈解説〉

俳優としても活躍するジル・ルルーシュの監督・脚本作。人生に悩む8人の中年男性の再生を描いたヒューマン・コメディ。フランスで動員400万人を突破し、2019年セザール賞で10部門にノミネートされた。122分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆フランスのオヤジ版『ウォーターボーイズ』。画面も綺麗で新味は薄いものの、有名俳優複数登場でキッチリ楽しませる。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆無害でお約束どおりの、ダメおやじ奮戦記。もっとアホで、もっと奔放不羈な男たちなら、底抜けのおかしさを得られたか。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆水面に仰向けに浮く中年男たちは、陸では皆溺沈。彼らがチームを組んで健闘する姿は笑えてコーチ2人の魅力も炸裂。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆企画もノリもユルいが、たるんだ腹のおっさんの群れがキュート。脱力系オールスター映画とも。愛嬌はこの星数以上!

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆スプラッシュし舞うオッサンズと女子コーチ! 『ベティ・ブルー』のジャン=ユーグ・Aに刮目。フレンチ・フルモンティ?!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2018-Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

INFORMATION

「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」(仏)
新宿ピカデリー他全国順次上映中
監督・脚本:ジル・ルルーシュ
出演:マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ユーグ・アングラード ほか
http://sinkorswim.jp/

出典元

ジャニー喜多川 審美眼と「性的虐待」

2019年7月25日号

2019年7月18日 発売

定価420円(税込)