昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ワイドショーの主役」小泉進次郎の遊説を支える鉄壁の自民党軍団

「ごく普通の38歳」を等身大以上に見せる舞台装置が存在する――ルポ参院選2019 #6

2019/07/20

 JR予讃線は瀬戸内海の海岸線をなぞるように走る四国のローカル線である。選挙戦中盤の7月13日、香川県と愛媛県の両選挙区(1人区)に入った小泉進次郎はそこを通る特急電車を利用して4か所で演説する予定だった。

 この日、四国一帯では梅雨前線上に発生した低気圧の影響で、台風もかくやという大雨が続いていた。それが原因で、小泉は思わぬトラブルに見舞われてしまう。

 

「選挙の基本」を年上の新人に教え込む

 16時過ぎ、新居浜市役所前の公園でその日3回目の演説を終えたばかりの小泉は、愛媛選挙区の新人候補者と新居浜駅の1番線ホームに立っていた。

 移動中とはいえ、常在戦場である。小泉は向こう側のホームに座っている2人組の女性たちに向かって声をかけ、隣にいる候補者を指さして「この人、よろしくね」と売り込んだ。

「あれ、タスキは?」

 小泉にそう言われた候補者は慌てて一度仕舞ったタスキを取り出した。地元では名の売れたタレント候補者とはいえ、生で見たらタダのおじさんにしか見えない。小泉が「選挙の基本」を年上の新人に教え込む姿は、政治家歴10年のキャリアを窺わせた。

 

「さっきの演説中、『社会の窓』が開いてたんです」

 候補者がトイレに行った瞬間、付いてきたウグイス嬢が小泉に耳打ちした。

「ホント!? ボクが?」

「いえいえ(笑)。候補者の、です。車に乗っている時に直して」

「そうかあ、開いてんだったら、2人で開いていたほうが良かったかなあ。それで、『新しい扉』をこじ開けようと訴えれば良かった。どんな、コンビなんだ(笑)」

 

 小泉は劣勢に立たされていた愛媛の自民党スタッフたちを笑わせ、場を和ませた。しかし、特急しおかぜ15号に乗り込むと「開かずの扉」に悩まされることになる。

「電車は止まってしまいましたが、選挙戦は止まりません」

 次の遊説先は、50万人都市の松山だった。だが、小泉を乗せた特急は大観衆が待ち構える会場の最寄り駅まであと15分というところで、落石による立ち往生を余儀なくされる。

 同じ頃、松山の街宣車の上では、党女性局長の三原じゅん子がマイクを握っていた。小泉は17時45分には颯爽と現れ、彼女と揃い踏みするはずだったが、予定時間を過ぎても電車の中にカンヅメにされていた。

 

 18時、小泉は動いた。候補者と一緒に車内のデッキに立ち、20キロ離れた聴衆に語りかけた。

「はーい、もしもし、松山のみなさん、小泉進次郎です」

 演説会場のマイクにあてがわれた携帯から電車が止まっていることを釈明した上でこう締めくくった。

「電車は止まってしまいましたが、選挙戦は止まりません。諦めずに一歩一歩、勝利に向けて支援の輪を広げてください」