昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【昭和史に学べ!】田中角栄は六法全書を丸暗記していた……田原総一朗85歳が振り返る“怪物”との5時間

「自分は法律そのもの。全て説明し、論破できる」

「今振り返ると、『昭和』という時代には、強烈なエネルギーを持つ怪物が数多く存在しました。政界なら岸信介、経済界なら盛田昭夫や松下幸之助……。挙げていけばキリがありません。彼らが現在の日本を形づくってきたと言えるでしょう。しかし『平成』『令和』に目を転じると、政治家も経済人もスケールが小さく、縮こまっている印象を受けます」

 そう語るのは、ジャーナリストの田原総一朗氏(85)だ。

田原総一朗氏 ©文藝春秋

 平成以降、政治や経済の劣化が叫ばれるようになった。特に政治に目を向けると、最近では政治家による数多くの失言が目立つ。

 例えば、今年4月に桜田義孝前五輪相が、岩手県出身の高橋比奈子衆院議員のパーティーで「復興以上に大事なのは、高橋さんだ」と発言。その後、責任をとって大臣を辞任した。5月には自民党が所属議員に対し「失言防止マニュアル」を配布して失笑を買った。

田中角栄がまとっていた“凄み”

 こうして見ると、政治家の言葉はだんだんと重みを失っているのではないだろうか。

 田原氏はジャーナリストとして、数多くの昭和の大物たちにインタビューをしてきた経験を持つ。その中でも強く印象に残っている記事が「田中角栄 独占インタビュー」(「文藝春秋」1981年2月号)だという。その佇まいや言葉からは現在の政治家にはない凄みを感じた、と田原氏は語る。