昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《島田紳助を直撃!》芸人“契約問題”で吉本に提案していた「M-1式プロテスト構想」

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 吉本興業の宮迫博之(49)や田村亮(47)ら人気お笑い芸人の“闇営業”発覚に端を発した一連の問題は、かねてから問題視されてきた芸能界におけるマネジメント会社と所属タレントの“契約問題”の議論にも一石を投じる形に発展している。

 こうした現状について、吉本大物OBの島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の直撃取材に対し、独自の“芸人プロテスト”構想について語った。実際、吉本興業にも提案していたという。

島田紳助氏 ©文藝春秋

「NSC(吉本総合芸能学院)から上がってきた子も、プロかアマチュアかわからへんでしょ。だから昔(2001年に)、僕がM-1を作った時に、吉本に提言したんすよね。『M-1で何回戦までいかない奴はプロとして認めるな』と。ギャラを払うなと。M-1で3回戦までいかへんような奴はプロではない、と。3回戦までいったやつに僕がライセンスを発行したらどうやねん、って。

田村亮 ©文藝春秋
宮迫博之 ©文藝春秋

 例えば一番下がC級ライセンス。ほんで、C級ライセンスとった奴が吉本のタレントやと。ボクシングでいうたらプロテストの資格があるから、そいつらはギャラをもらう資格があると。