昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

就寝時のエアコン設定は「28度連続運転」がベスト……熱中症にならない部屋を作る6つの法則

マンションの最上階は要注意

2019/08/24

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日~8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2018年7月12日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

室内で熱中症になるワケ

 近年、住宅内での熱中症が多発している。

 総務省の発表によると、2017年に熱中症で救急搬送された人の発生場所は「住居」が最も多かった(37%)。例年、気温が高い8月以降よりも、梅雨明け後の7月中旬~下旬に救急搬送のピークを迎え、死亡者数も増えやすい。

©iStock.com

 熱中症とは、暑い環境の中で体温が上昇して脱水状態になり、熱失神や熱けいれんなどの症状が表れ、重症化すると死に至る健康障害を総称する。梅雨明け後は急激に気温が上昇し、体が適応しにくいため発症者が増えると考えられている。日々暮らす住環境をしっかり整えたい。

 室温28度、湿度70%――これが屋内熱中症の警戒ラインだ。室内で活発に動いていなくても、これを上回る温湿度になると熱中症発症に注意が必要という。

 人にとって快適な環境を研究してきた東京大学名誉教授の加藤信介氏(ペアベール 建築環境研究所)はこう話す。

「室温28度だと、多くの人が汗をかいています。たとえ暑いとは思っていなくても、発汗は体にストレスがかかっている状況で、疲労感が増します。夏場なら涼しい格好で室温25~27度を保つことが、多くの人が汗をかかずに快適と感じる、つまり自律神経に負担がかからない環境です。

 湿度は夏場なら60%以上になることもよくありますが、本来50%前後に抑えたいところです。室温と湿度がともに高いと、体からの水分蒸発がしにくくなり放熱できません。まず“室温”に気を配り、次に“湿度”を下げることです」

夜間熱中症が急増している

 住宅のタイプによって「熱中症になりやすい時間帯」が異なることにも注意が必要だ。

 さまざまな家を訪問し、どういう住宅が熱中症を起こしやすいかを長年調査してきた慶應義塾大学理工学部の伊香賀俊治教授が語る。

「木造戸建住宅は、熱をため込む材料がほとんどないので、昼の外気温上昇に合わせて室温が上がりますから、外気温が暑い“昼”に気をつけたほうがいいでしょう。

 一方で、鉄筋コンクリートマンションの場合は、厚さ10~20センチのコンクリートの屋根や外壁が日中に熱をためこみ、やがて熱が壁内に伝わる。コンクリートは熱しにくく冷めにくい性質。およそ5~10時間遅れて室内壁面温度が上昇し、壁面からの放射熱で室内温度が上がります。そのため、日中の室温上昇は少ないのですが、朝まで暑い。マンション住まいの人は“夜”が危ないのです」

 

 上のグラフを見てほしい。

 外気温が36度まで上昇した日、木造戸建住宅の場合は、日中33度まで上がるものの翌朝5時に28.5度まで下がる。しかし、鉄筋コンクリートマンションは、翌朝まで30度を切ることがない。

 日本救急医学会などがまとめた「熱中症データベース」の「住宅内熱中症の発生場所」を見ると、「居間・リビング」39%に続き、「寝室・就寝中」が32%と多い。最近は深夜から明け方に起きる“夜間熱中症”が急増しているという。