昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小川彩佳アナ、結婚相手との出会いは“ブラインドデート”だった

距離を縮めた共通点は“ミシガン”と“ロック”?

2019/07/30

 テレ朝を退社直後に鳴り物入りで『news23』(TBS系)のMCに電撃就任した小川彩佳アナ(34)。その極秘とされていた結婚相手をスクープしたのが「小川彩佳アナ"秘密の新婚夫"はあの国会議員の息子だった!」(週刊ポスト8月9日号)という記事だった。

 そのお相手と報じられたのは、医療系IT企業「メドレー」の「代表取締役医師」の肩書を持つ豊田剛一郎氏(35)。東大医学部を卒業し、脳外科医として都内の病院で勤務した後、アメリカに留学して米国医師免許を取得。帰国後、大手コンサルティング会社マッキンゼーに転職し、2015年に現職に就いている若手経営者だ。

 本稿では2人の馴れ初め、そして小川アナのテレビ朝日退社の真相について関係各所に取材を行った。女性アナウンサーと、若手起業家の出会いとは――。

小川彩佳アナウンサー ©文藝春秋

2人は“ブラインドデート”で出会った

 二人を知るIT企業関係者が当時を振り返る。

「実は2人は初対面のときからデートとして2人きりで会っているのです。昔風で言えばブラインドデート(友人の紹介などで知らない相手とデートをすること)ですよね。豊田くんは米国ミシガンに医者として留学した経験があり、小川アナも幼少期にミシガンに住んでいた。そんな地元トークで二人は意気投合をしたようです」

 2018年4月、白金の和食屋で2人は初めて顔合わせをしている。

「初めまして小川です」

 こう挨拶する女性に豊田氏は驚きを隠せなかったという。目の前に立っているのが報道ステーション(テレビ朝日系、当時)の“顔”の1人として知られていた小川彩佳アナウンサーだったからだ。

「はい。テレビでいつも見ています」

 豊田氏はそうぎこちなく、挨拶をした。

 ブラインドデートをセッティングしたのは米国に住む小川アナの知人だった。「彩佳に紹介したい男性がいる」とSNSを通じて連絡を取ったのがそもそもの始まり。更に知人を通じて豊田氏にも連絡を取り、小川アナと豊田氏を引き会わせるための場所と日時を取り決めたのだという。

「豊田くんは当時34 で独身。小川アナは1歳下で、嵐の櫻井翔くんと別れてからはフリーだったようです。2人とも結婚を意識する年齢だったこともあり、スムーズに交際まで発展していったようです。『お互い酒好きで、飲むのはビールとウィスキーという好みも合った。特に小川さんの人の話をしっかり聞いてくれるところが魅力的に思えた』と、後に豊田くんから聞きました」(同前)