昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「夏は脳梗塞のリスクが高い」脱水症状で思わぬ病気にならないための5つの健康法

source : 週刊文春 2015年7月30日号

genre : ライフ, ヘルス

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日~8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2015年7月30日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

 真夏の脱水状態は血液をドロドロにして血管が詰まりやすくなる。「血栓」と呼ばれる血の塊が脳や心臓に飛べば、脳梗塞や心筋梗塞の恐れも。最新の大規模データによると「夏は脳梗塞のリスクが高い」ことが明らかになってきた。

◆◆◆

(1)キーワードは『F・A・S・T』

 大櫛医学情報研究所長の大櫛陽一東海大名誉教授が語る。

「夏は脳梗塞の患者さんが増えて、8月がピークになります。昔から医者の感覚として『夏は脳梗塞、冬は脳出血の患者さんが増える』と言われてきましたが、私が解析を担当した2015年発行の『脳卒中データバンク2015』により、このことがはっきりと示されました。

©iStock.com

 10万例以上の大規模データを解析したもので、それによると特に月曜日と土曜日に診断されるケースが多い。つまりその前日にあたる日曜夜と金曜夜に水分不足におちいりやすいということ。デスクワークの方なら普段は汗をかきませんが、日曜と金曜は外出したり運動したりする機会が多いからだと思われます」

 医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は「朝方に注意してほしい」と語る。

「国立循環器病研究センターが調べた脳梗塞の季節別発生件数でも、夏(6~8月)が最も多いという結果になりました。特に朝6時前後から起床時までの発生リスクが高いので、寝る前と起きた直後に200cc(コップ1杯)程度の水分を取ることが予防策になる。夏こそ禁煙や運動など、水分補給に加えてより健康に気を配るべきでしょう」

 脳梗塞の予防と予知でキーワードになるのは『F・A・S・T』。

「フェイス(顔)、アーム(腕)、スピーチ(言葉)、タイム(発症時刻)の頭文字です。Fは顔の麻痺がないか確認すること。Aは腕の麻痺をチェックすることで、Sは呂律がまわっているか。Tは早期発見で、発症から4~5時間までだと早期治療が可能な“ゴールデンタイム”と言われています」(同前)